【SCOTTの本気】ADDICT20徹底解剖 & SUPERSIX EVO105と重量対決
by: 光井 大地

20181114_115454

 

 

 

 

105完成車で実測重量(S/52サイズ)7.88kgとなかなか優秀な軽さのADDICT20。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20181128_164253

 

 

 

SCOTT

ADDICT 20

¥269,000+税

現金で8%その他のお支払いで3%のポイント還元

 

 

 

 

 

 

 

 

ADDICTシリーズは2018モデルよりミドルグレードはエンデュランスジオメトリー、上位のRCはレーシングジオメトリーとなりました。このADDICT20はエンデュランスジオメトリーなのでRCに比べるとハンドル位置が少し高くなる設計になっています。

 

 

 

 

 

 

 

Addict 01

 

●RACE GEOMETRY(ADDICT RC シリーズモデル)
コンペティションロード用に開発された、ライディングポジションです。

●ENDURANCE GEOMETRY(ADDICT シリーズモデル)
ライダーの上半身が、やや起きるように設計されていて長時間走るライダーの首や背中にかかる負担を軽減しています。

 

画像と文章はSCOTT JAPAN様よりhttp://www.scott-japan.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンデュランスと聞くと

 

 

 

 

 

「なんとなくロングライド用で剛性が足らずにペダリングのパワーが逃げる・・・」

 

 

 

 

「レースには向かない初心者用」

 

 

 

 

 

 

 

とイメージされることが多いのですが、そういったことはなく走ってくれます。

 

エンデュランスは「耐久」の意味で長距離のレース用という意味です。

引退されていますがTREKのDOMANEを好んで使っていたカンチェラーラ氏。

 

 

 

 

 

スポンサーであるFOCUSの軽量レースモデルIZALCO MAXではなくエンデュランスモデルのCAYOを駆り、昨年のツールドおきなわチャンピオンレース優勝の元全日本チャンピオンの佐野選手(マトリックスパワータグ所属)など好んでエンデュランスモデルを使い、実績を残している選手もいます。

 

 

 

 

 

最後は好みになりますが・・・・・

 

 

個人的には最近のエンデュランスロードは大好きです(アンカーもRS9よりRL9の方が好みです)。

 

 

 

 

 

 

ADDICTはこれまで多くの勝利を挙げてきたピュアレーシングモデルです。このADDICT20もミドルグレードながらレーシングモデルのDNAを受け継いでいるのでもちろん軽量で剛性も高く、加速性にも優れています。

 

 

 

 

 

 

 

20181114_115654

 

 

ヘッドチューブはRCに比べると少し長め。サイズによりますが10~25mmの間で長くなります。

剛性アップの為、ヘッドベアリングは上側1-1/8インチ下側1-1/4と下側を大きくしてあります。

 

 

 

20181114_115909

 

 

 

ゲーブル類はもちろんフレーム内蔵。

 

 

20181114_115705

 

滑らかな曲線が美しい一体になったトップチューブからシートステーにかけて。振動吸収性を向上させます。

 

 

 

 

20181114_120006

 

 

ライダーの力をしっかりと受け止める為にボリュームのあるBB周り。BB86を採用しています。

 

 

 

20181114_120040

 

 

チェーンウォッチャーも付属します。

 

 

 

20181114_115808

 

 

カーボンシートピラーを標準装備。

 

 

20181114_115919

 

 

20181114_115757

 

 

コンポーネントはコストパフォーマンスに優れながら高い性能を誇るシマノR7000系105。

コストカットされがちなクランク・ブレーキ・チェーンも105です。BBだけBB-RS500とティアグラグレードですがそこまで気になるグレードダウンではないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからタイトルのスーパーシックスEVOとの重量対決です。

数年間モデルチェンジをしていないとはいえスーパーシックスEVO 105は軽量でコスパがよく25万円前後のバイクでは最高峰に位置するモデルではないでしょうか。

 

 

自分はよくこのバイクをミドルグレードのカーボンバイクのベンチマークにしています。

 

20181114_115454

 

 

 

 

20181114_122652

 

50サイズで8.08kg  写真はありませんが52サイズだと8.18kgでした。

ADDICT20は52サイズで7.88kg!!!

 

 

 

ホイールで軽さを稼いでいるのではないかと思ったので前後輪を外した重量も計測しました。

 

 

20181114_114940

 

52サイズで4.92kg

 

 

20181114_122053

 

52サイズで5.02kg

流石超軽量フレームで有名になったCR1→ADDICTの系譜。ホイール以外でも軽量!!軽量で有名なスーパーシックスEVOにもイイ勝負しています。

 

 

 

 

 

 

ホイールはどうでしょう。

まずはADDICTに付いているシンクロスRP2.0ホイールから

 

20181114_115120

フロント1.2kg

 

20181114_115142

 

リア1.72kg

 

 

タイヤ&クイックリリース付でリアはスプロケットも取り付けしてあります。

 

 

 

 

cannondaleのフルクラム、racing sportはこんな感じ。

 

20181114_122129

 

フロント1.24kg

 

20181114_122158

 

リア1.8kg

 

ちなみにADDICTは7oox28Cと太めのタイヤがついています(スーパーSIXは25C)。

軽量タイヤに交換すればまだまだ軽く出来ます。

 

 

 

 

20181114_115929

 

 

20181114_115937

 

 

シンクロスホイールは前後ともエアロ形状のストレートプルスポーク採用。

担当営業さん曰く「キシリウムエリートくらいかそれ以上」いいホイールとのこと(USTになる前です)

 

 

 

スーパーシックスEVOの名誉の為に補足しますが軽量で高すぎず低すぎず調度いい剛性感。価格もADDICTより安くて24万+税とお求め易くなっております。

 

 

 

20181128_164253

 

 

 

軽量で剛性も高く快適な乗り味のADDICT20。

店頭にはXSサイズ(身長165cm前後)と今回紹介しましたSサイズ(身長170cm前後)の2台を在庫しております。

カラー展開はこのBLK/REDのみです。

 

 

実物をご覧いただければ写真で見るよりカッコいいです。

他のサイズも取り寄せ可能です。お気軽にご相談下さいませ。