【旅とインプレ】ヤマハのE-BIKEを高知の山奥で本気で試してみた。【その一】
by: 橋崎裕幸

DSC_2831

 

 

大阪本館スタッフ橋崎です!

 

 

今回は電動アシスト車を使い高知県の山奥を旅した記録を、

ミニインプレを交えてご紹介します!

 

 

一泊二日で、ルートはこんな感じです。

 

 

 

一日目:走行距離135km/獲得標高約3,600m

 

 

 

二日目:走行距離:133km/獲得標高約1,700m

 


 

 

大阪からフェリーで愛媛県へ向かい、高知の山奥へ。

 

 

途中、トヨタのCMで有名になったUFOラインや石鎚山を通り

四国カルストを目指します。

 

 

二日目は別ルートを通り往路と同じく東予港へ戻りました。

 

競技志向の方以外は少し躊躇するルートです。

 

 

 


 

 

今回の相棒はこちら。

 

 15583393682746396286965023968947

 

 

YAMAHA YPJ-EC

 

価格:¥280,800(税別)

 

 

 

15583393840527816234792101694314

 

 

大容量バッテリーにより、走行モード次第では222kmアシストされます。

 

 

 

1558339503120714871200839856145

 

 

各種メーターは備え付けられていて、

なんとパワーメーターも完備されています。

 

 

 

とはいえ、本格的なヒルクライムだと消耗も激しいはず。

どこまで信じていいのか?

 

そもそもアシストがあるとどれぐらい走りが変わるの?

 

それを確かめるための旅となりました。

 

 


 

 

 DSC_2817

 

DSC_2803

 

 

大阪南港を22時発のオレンジフェリーを使い、愛媛県東予港へ

 

 

 

DSC_2807 

 

DSC_2816

 

 

乗船するフェリーは2018年に新造されていて、とても綺麗です。

 

オレンジフェリーは時代を反映し、全室個室となります。

 

長距離フェリーお約束の雑魚寝部屋は、昔のものとなりました…

 

 

 

乗船プラン次第では、画像のように部屋にそのまま自転車も持ち込めますよ。

 


 

 

翌日は早朝6時に下船。

 

いよいよ走り出します。

 

 

 

初日はバッテリーの容量を考え、通常時は一番長持ちなプラスエコモード

 

キツイときはスタンダードモードを使用して走行しました。

 

 

 

 

 

 DSC_2818

 

 

2~3%の登りをのんびり登ります。

 

 

プラスエコモードでもアシスト自体は、はっきりと感じます。

 

 

 

車体の重量が重たい分をサポートしてくれる感じでしょうか。

 

普通のフラットバーロードで登りに挑んでる感覚です。 

 

DSC_2819

 

 

写真の分岐から、いよいよ本格的に上りに。

とりあえずモードはそのまま登り始めます。 

 

 

 普段トレーニングを積んでいない身では10㎞も登ると疲れ果て、

いよいよスタンダードモードへ移行。

 明らかにアシスト力が変わりました。

 

 

 

 

とても自然なアシストで、スポーツバイクらしさは

一切損なわれないことに驚きました。

 

あくまでも非力な瞬間のサポート、エンジンは自分なのは変わりません。

 

 

 

特にありがたいのは登りでも1、2秒足を止められることです。

 

普通は勢いが失われると再加速が辛いので、常にリズムよく回すことが必要です。

 

E-BIKEであれば再加速に労力がかからないので

後半のライドにも足を残すことが出来ました。

 

 

 

 DSC_2826

 

スタートから50~60kmほどで最初の大きな登りを終えます。

 

 

瓶ヶ森林道、通称UFOラインです。

未確認飛行物体の目撃情報が多いため、だそうです。

 

尾根道に沿うように何キロも絶景が続きました。

 

 


 

 

ここまでのバッテリーの残量をご報告しておくと、

 

写真を取り忘れたのですが、残り40%以下に大きく減ってしまいました。

 

 

果たしてゴールまでバッテリーは間に合うのか。

 

最後20㎞はもう一度大きく上るので、

もたなければ重量級のヒルクライムとなります。

 

 

冷や汗を流したことだけお伝えして、次回へ続きます。

 


 

 

 

アルバイト募集バナー

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.25.09

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.24.52

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.24.40