【旅とインプレ】ヤマハのE-BIKEを高知の山奥で本気で試してみた。【その二】
by: 橋崎裕幸

DSC_2849

 

 

大阪本館スタッフ橋崎です!

 

高知の山奥をE-BIKEで走破した記録の第二段です。

 

 

前回記載の地図をご確認いただくと内容も分かりやすいです。

 

第一弾はこちらをクリック!

 


 

 

最初のピークを越え、残り80㎞を残してバッテリー残量は40%を残すだけ。

 

 

「これはもたないか……」と重量級ヒルクライムを覚悟し、先に進みました。

 

 

 

 

DSC_2838

 

 

ヒルクライムレースでも有名な石鎚山スカイラインを、

 

反対側からひたすら下ります

 

 

そうです、ピークから先の60㎞近くはほぼ全て下りか平地でした。

 

 

 

アシストは速度を増すごとに弱まり時速24㎞付近でオフとなります。

 

 

下りはもちろんですが、信号の存在しない平地をひたすら巡行する際も

 

ほとんどバッテリーを消費せずにすみました。

 

 

 

 

 

 

DSC_2840

 

 

川沿いの緩やかな下りがひたすら続きます。

 

 

最初がクライマックスのようなコースのおかげで、

 

後半はのんびり景色を楽しみながら走ります。

 

 

 

 

 

残り25㎞を残し、最後のヒルクライムに突入です。

 

 

この時点でバッテリーは30%

 

ほとんど消費していません。

 

 

スタンダードモードに変更し、

 

のんびりと最後へと進みます。

 

 

 

通常は100㎞走った後のヒルクライムは辛いものですが、

 

今回は十分に余裕がありました。

 

 

明らかに本来の体力の後押しをしてくれています!

 

 

E-BIKE、いいですよ!

 


 

 

 DSC_2844

 

 

そうして今回の目的地、四国カルストへ辿り着きました!

 

 

DSC_2848

 

DSC_2842

 

DSC_2851

 

 

こちらも有名なフォトスポット、天狗莊前の境界線です。

 

建物が両県に跨っていて面白いです。

 

 

本日のお宿もこちらでした。

 


 

 

次の日はほぼ消化試合。

 

目的は果たしたので、あとは帰るだけです。

 

 

 充電しバッテリーは満タン!

 

 

前日のライドでバッテリーの消費感覚は掴んだので

 

この日はずっとハイモード(一番高アシスト)で走ります。

 

 

 

 

喜び勇んで宿をあとにすると……

 

 

 DSC_2852

 

晴れることのないガスと雨に阻まれました。

 

 

 

DSC_2849

 

 

同じ場所です。前日との落差に驚きながら

 

対向車に注意して高度を下げました。

 

 

 

 

 

 

 DSC_2854

 

 

この日は昨日の半分以下とはいえ、1,700mほど上りました。

 

 

そのすべてをハイモードで進んでみた感想ですが、

 

基本の走行感は変わりませんが、後押しがより強力になります。

 

 

 

 

より少ない力で坂道を登れますが、

 

一般的な体力の持ち主なら、スタンダードモードでも十分です。

 

 

 

 

まさしく足りない力のアシスト。

 

少しの後押しにこそ、

 

スポーツ用E-BIKEの真骨頂があると個人的には感じました。

 

 


 

 

いかがでしょうか?

 

 

一昔前はバッテリーの問題で不可能だった旅が、

 

モードを調節することで十分可能になります。

 

 

諦めないでいいんです!

 

 

 

計画次第では途中で充電することで、

 

より体力にも余裕を持てるでしょう。

 

 

 

 

 

最後になりますが、

 

E-BIKEはあくまでもスポーツバイクでした!

 

 

走行感の違いはなく、長距離を走るほどそれは顕著になります。

 

 

余裕をもって長距離を楽しみたい方には

 

強くおすすめいたします!

 

 

 

それでは!

 


 

 

 

アルバイト募集バナー

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.25.09

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.24.52

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.24.40