話題のBORA WTO 45 インプレッション
by: 利田 卓也

DSC_0052_1 

 

 

 

カンパニョーロから新たにラインナップに加わった 

 

 

BORA  WTO シリーズ。

 

 

その特徴はリムが

ワイド化されたことによる剛性アップ

WTO(WIND TON  OPTIMIZ)の名にあるようリム・ハブ形状の見直しによる空力アップ

 

 

2Wayfit によるチューブレス対応

 

 

 

今回は最新にしてオールラウンドモデル WTO45 

 

こちらをガッツリ乗り込んでのインプレッション!

 

DSC_0042

 

 

200km

獲得標高2500mUP

精も魂も尽きるほどに乗りこんで参りました。

 

 

 

ワイドリムになったことで剛性が上がった感じは確かにあります。

BORA 35 のような俊敏な軽快さや、発進加速の鋭さはないけれども、

 

45mmハイトという正に

オールラウンドドンピシャのリム高から来る巡行性能の高さ、

速度が乗ってからの加速は気持ちがよいの一言。

 

 

ワイドリム化による剛性アップを果たしてはいますが、

このWTO45もしっかりとカンパらしい乗り味を継承しております。

 

DSC_0041

 

平坦では感じにくいですが、トルクをかけた際、上りでのダンシング時にはしなりを感じます。

ここが非常に好印象で、手持ちのコスミックプロカーボンSL USTの剛体とは違う乗り味です。

重量自体は非常によく似いるのですが、

 

コスミックプロカーボンSL USTはリム高40mm

BORA WTO45 はリム高45mm

 

 

5mmアップしているにもかかわらず、ほぼ同重量。

しかもWTO45はチューブレステープ要らず!

 

 

カンパホイール2Wayfit(クリンチャー、チューブレス両対応)は

チューブレステープ不要なのがとっても素敵です。

なんせ一手間、(気分的には二手間)減ってますからね。

 

下りのブレーキ性能も申し分なく、AC3と名付けられたブレーキリム面は十分なストッピングパワーを誇ります。

 

 

雨天時では試しておりませんが、

これまでの経験からこの手のブレーキフィーリングからは効く予感しかしません。

(カンパ純正のブレーキシューが良いです。)

 

DSC_0044_2

 

またUSBを採用されているので、下りはめちゃ速いです。

 

 

 

200kmを最後の最後まで下はん持ってトルクかけて脚が残せるこのWTO45。

 

 

DSC_0039_4

 

 

 

45mmという超オールラウンドにして、剛体的にも申し分なく、

そこまでのパワーを必要としなくても十分に走るこのホイールは

リムブレーキ仕様で選ぶホイールの最有力候補にあげていいかと思われます。

 

 

お値段定価¥295,000+Tax

 

 

  ↓     15%OFF

 

 

¥250,750+Tax

 

 

IMG_20190506_012532_337

 

 

今回は使用タイヤはピレリのクリンチャー P ZERO VELO25c。

せっかくの2Wayfitですが、今回はあえてのクリンチャーで使用。

改めて好きな乗り味のタイヤだと感じました。

 

また機会があれば、試してみますね。

 

 

 

 

予告

 

次回のインプレはコンチネンタルGP5000  TLを書きます。

(ホイールはMAVICです。)

 

 

 

 

 

アルバイト募集バナー

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.25.09

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.24.52

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.24.40