【旅ブログ】山陰地方・大山(だいせん)周辺をバイクパッキングで旅をする。
by: 橋崎裕幸

大阪本館スタッフ橋崎です!

 

 

二泊三日で山陰地方を走ったのでご紹介します。

 

 

例によって山ばかりの旅となりました。

 

 

ルートはコチラ!

 

 

 

 

総走行距離:約191km

 

総獲得標高:4235m

 


 

 DSC_3001

 

DSC_3000

 

 

スタートは大阪駅から特急で3時間の智頭(ちず)駅から。

 

 

一日目は大山近くの蒜山(ひるぜん)高原を目指します。

 

本当は大山まで行く予定でしたが、キャンプ場が貸し切りで利用不可でした…

 

 

 

 

DSC_3004

 

DSC_3011

 

 

今回、大山まではかなりマイナーなルートを選びました。

 

おかげで蒜山付近まで交通量は極小。

 

対向車を含めて20台程度しか見かけませんでした。

 

 

久しぶりに本格的に荷物をかかえて走ったため、

 

自分の体力の低下に愕然としながらヘロヘロと走ります。

 

 

DSC_3009

 

 

『平常心こそが道である』

 

身体はボロボロでも心は凪を保ち無心です。

 

 

 

DSC_3012

 

途中で天気雨に遭いながらも目的地へ。

 

集落を通る際もほんとに人を見かけず不安になりました。

 


 

 

DSC_3016

 

DSC_3020

 

蒜山のそこかしこで見かけるオブジェ。

 

土着の妖怪『スイトン』です。

 

 

悪いことをすると「スイー」とやってきて「トン」と目の前にとまり、

 

その悪人を食べて去っていきます。

 

おかげで蒜山には『ヨイコ』しかいないという伝説です。

 

コワイ!

 


 

DSC_3017

 

 

初日は蒜山高原キャンプ場で一泊。

 

 

DSC_3019

 

10分ほどで設営完了。

 

 

DSC_3018

 

 

中はこんな感じで意外と快適です!

 


 

DSC_3037

 

2日目は峠を登り、その日のキャンプ場に荷物を全て置いて

 

大山周遊道路を一周しました。

 

 

そしてこの際スマホまで置き去りにしてしまい、

 

写真はあまりなくダイジェストでのご紹介です……

 

 

 

DSC_3024

 

 

標高900m前後を上ったり下ったり

 

ひたすら繰り返します。

 

 

ところどころ景色が良く、北部では日本海や平野部を一望できました。

 

 

 

DSC_3030

 

DSC_3032 

 

 

登山口付近にはモンベルショップや

 

日帰り温泉、自然歴史館などがありたっぷり観光できました。

 

 

 

この地域を除いて、商店などの補給場所は限られてくるので注意です。

 

 


 

DSC_3040

 

 

そして最終日、この日は深夜3時に出発。

 

 

5時始発の電車に乗ることができれば、10時前には大阪に帰れるのです。

 

なんでしたらお店の開店にも間に合います!

 

 

DSC_3041

 

 

マップの標高図をご覧いただくと分かるのですが、

 

最後の10数キロはずーっと下りです。

 

 

 

完全な闇の中、フロントライトを頼りに下ります。

 

 

平均時速マシマシで下り、思いの外早く

 

ゴールの『伯耆大山駅』にたどり着きました。(そして写真は撮り忘れです)

 

 

登りが好きな方なら楽しいルートでした!

 

山陰は海沿いにも楽しく走りやすい場所がたくさんあります。

 

平地がメインとなるので、登りが嫌いな方にもおすすめです!

 

 

いずれはそちらを中心にご案内できればと思いますので、よろしくお願いします。

 


 

アルバイト募集バナー

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.25.09

 

 

スクリーンショット 2018-12-29 16.24.40