【Cannondale】スペシャルカラーのS6EVO、それも「ハイモッド」がこの価格!?
by: 小西真人

IMG_4602

 

 

 

 

 

 

スーパーシックスEVOの「ハイモッド」と言えば、EFエデュケーションの

ライダーも乗っていたピュアレーシングマシーン。

 

 

フレームの硬さはそれなりに感じるものの、ペダリングのリズムが合えば

弾けるように坂を駆け上がる、まさにクライマー垂涎の一台です。

 

 

 

 

 

 

IMG_4582

 

 

 

 

〇CANNONDALE  2019 S6EVO HI-MOD カスタムラボカラー

 

¥543,500-+TAX  →  ¥ASK!!

 

 

ここではお値段を伏せさせていただきますが。

 

普通のカーボンでアルテグラ組み+αくらいの衝撃特価になってます!

 

 

 

 

 

 

IMG_4614

 

 

 

 

グレーのようなグリーンのようなブラウンのような、微妙にミリタリーっぽい

ベースカラーに、同じくマットのカッパーのグラフィック。

 

 

およそロードバイクのカラーとは思えない、他所ではまず設定することはない

であろう独特な色使い一度見たら忘れられないほどのインパクト。

 

さすがはカスタムラボの専用カラー。

 

 

 

 

 

 

IMG_4607

 

 

 

 

シートステーのエンド部分に小さく「HM=ハイモデュラス」。

 

より強靭なカーボン素材を用いることで、薄く・軽く・硬いフレームになり

軽快で絶妙なバネ感を感じる加速を生み出します。

 

 

見た目はすこぶる地味ですが、ちょっと転がしただけで並みのカーボンとは

別物だ!とわかるくらいの圧倒的な軽さに驚かされました。

 

 

 

 

 

 

IMG_4593

 

 

 

 

搭載コンポは機械式のアルテグラ。

 

キャノンデールオリジナルの軽量クランク(8本アーム)もバイクの高級感と

軽快感を高めるのに一役買っています。

 

 

ホイールはマヴィックのアクシウム・・・アクシウムなのにこの軽さ??

 

足周りに関してはこのフレームの素性を活かす意味でも、軽くて硬いものに

交換してあげるのが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

IMG_4595

 

 

 

 

実はリムブレーキ仕様というのもなかなかレアだったり。

 

19モデルの「S6EVO HI‐MOD」の完成車パッケージは、ディスクブレーキ仕様

のみでフレームから組まない限りリムブレーキ仕様は手に入りませんでした。

 

 

それがすでに組み上げられた状態になっているという

 

 

 

 

 

 

IMG_4588

 

 

 

 

フレームサイズは52。

おおよその適正身長は170cmちょっとくらいでしょうか。

 

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

 

 

 

端正でクラシカルなフレーム形状と、渋めのカラーリングの裏に隠された

驚きの軽さと抜群の運動性能・・・そのギャップがたまりません。

 

 

唯一無二の存在感を放つ、スペシャルカラーver.の「S6EVO HI-MOD」は

この1台限りです!

 

 

チェックはお早めに!!