【クロモリ】溢れ出すこだわりの英国テイスト!ラレー「CRF」!!
by: 小西真人

IMG_0173

 

 

 

 

 

 

最新モデルとは思えない程のクラシック感に溢れる英国ブランド「ラレー」。

 

 

そのイメージの大半はレトロなデザインの見た目からくるもので、実際は意外

現代的なスチール製ロードバイクとして設計されている、というのが面白い。

 

 

 

 

 

 

IMG_0144

 

 

 

 

〇RALEIGH  2020  CRF   ¥178,000-+TAX

 

(現金でのお支払いの場合8%、それ以外の場合3%分のポイント付)

 

 

 

ホリゾンタルに組まれたスチールフレームに胴抜きのグラフィック。

ブラックのカラーリングもかつてのイギリス代表のカラーだったとか。

 

 

華やかなイタリア物とは一味違う、落ち着きあるブリティッシュトラッド

感じさせる佇まいが人気の秘密です。

 

 

 

 

 

 

IMG_0160

 

 

 

 

太目のスチールチューブをTIG溶接でつないでいることもあってフレーム剛性

はやや高め、見た目以上に普通な乗り味です。

 

ヘッドチューブに施されたラグっぽいデザインの補強?と、真鍮っぽい色味の

ヘッドバッジが洒落てます。

 

 

 

 

 

 

IMG_0171

 

 

 

 

フレーム素材は英国の鋼管メーカー、レイノルズのブランドチューブ「631」。

 

厳密なことを言えば、これはいわゆるクロモリ(クロームモリブデン鋼)では

なく、マンガンモリブデン鋼と呼ばれる素材です。

 

 

歴史的な名作チューブ「531」もそうですが、レイノルズは鉄を強化するための

添加物にマンガンを使うのが好きみたいですね。

 

 

 

 

 

 

IMG_0163

 

 

 

 

ダウンチューブには旧ロゴで「RALEIGH」。

 

よく見ると端にユニオンジャックが隠れています。

 

 

シフトワイヤー受けは取り外し可能なタイプなので、ダブルレバー化もOK。

 

(11速をダブルレバー制御にすると変速が相当忙しなくなりますが・・・)

 

 

 

 

 

 

IMG_0176

 

IMG_0154

 

 

 

 

フロントフォークはカーボン製。

 

トップチューブに角度を合わせたステムやハンドルなども、色はクラシカル

シルバーですが現代的な規格のモノを採用しています。

 

 

ハンドル周り~ヘッド~フォークの剛性を確保し、走る・曲がる・止まる

いった基本的な乗り味を今風にしているので、スチール素材だからといって

気構えずに自然な感覚でライディングできるのは〇。

 

 

 

 

 

 

IMG_0147

 

 

 

 

フレームサイズは540。

おおよその適正身長は175cm前後くらいでしょうか。

 

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします。)

 

 

他に470サイズのホワイトも在庫アリ。

 

 

 

 

クラシカルなルックスと現代的なハンドリングを併せ持つ「CRF」。

 

素材に由来する重さはどうにもなりませんが、どっしり構えて自分のペースで

走る、みたいな乗り方なら大きな問題にはならないのでは。

 

 

 

落ち着きを感じさせる「大人のロードバイク」をお探しなら。

 

間違いなくオススメできる1台です。