【PINARELLO】流麗なエアロフレームに秘めた高性能。ミドルグレード最強の1台「PRINCE DISK」!
by: 小西真人

IMG_3196

 

 

 

 

 

 

ピナレロの歴史的にも大きな意味を持つ名車「プリンス」の名を受け継いだ

モデルで「ドグマF10」譲りの空力性能まで備えているとあっては・・・

 

もう走らないはずがありません。

 

 

 

 

 

 

IMG_3166

 

 

 

 

〇PINARELLO  2020 PRINCE DISK 105  ¥430,000-+TAX

 

 

(現金でのお支払いの場合3%分のポイント付き)

 

 

 

 

「パリカーボン」が復活しないのは何か不都合があるからなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

IMG_3187

 

 

 

 

ドグマF10をベースに、さらにブラッシュアップさせた空力フレーム。

 

 

いわゆる本気のエアロロードと空力性能対決をすれば、さすがに不利な面も

ありますがこのモデルは登りも下りもイケるオールラウンダー。

 

特に苦手なシーンもありませんし、ライド中常に空力の恩恵が受けられると

いうのは大きなアドバンテージとなります。

 

 

 

以前F8とF10を強風の中で乗り比べたことがあるのですが、風向きの変化に

対する影響の少なさはF10の方が上・・・だったのを今思い出しました。

 

 

 

 

 

 

IMG_3181

 

 

 

 

フレーム素材は12Kカーボンの網目も美しい「T700」。

 

 

ドグマやプリンスFXと比べるとマイルドな味付けですが、その分ピーキーさ

硬さが控えめになるので乗りやすさは文句なし。

 

ラザ系の「T600」程の柔らかさでもないので、ペダリングのコツを一度身に

着けてしまえば気持ちの良い加速も見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

IMG_3172

 

IMG_3177

 

 

 

 

コンポーネントは安定の105、ディスクブレーキも油圧式の105で統一。

 

 

ONDAフォークとのマッチングが気になるところですが、かのフルームも

 

 

「レースならホイール交換のスピード重視なんでリムブレーキを使うけれど

プライベートならディスクだな」

 

 

と言っていましたし、社長のファウストさんも

 

 

「これからはディスクブレーキの時代だ」

 

 

と語っていたので、例の「ピナレロハンドリング」に対する悪影響を心配する

必要はなさそうです。

 

 

 

 

 

 

IMG_3168

 

 

 

 

フレームサイズは500と515。

おおよその適正身長は170cmくらいでしょうか。

 

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

 

 

 

 

上位グレードにFXがある分、ちょっと下に見られがちの無印プリンスですが

向こうは明らかにレースを意識した設計。

 

 

扱いやすさやバランスの良さを求めるなら、かなりアリなチョイスです。