【SCOTT】定番アルミモデル「スピードスター」がディスクブレーキ化でさらなる進化を遂げた!
by: 小西真人

IMG_3280

 

 

 

 

 

 

スコットのロードバイクラインのボトムレンジを長きに渡って支えてきた

「スピードスター」シリーズ。

 

 

スコットらしい走りは維持したまま、世の中に合わせてマイナーチェンジ

を繰り返してきたことも、息の長いモデルになれた理由の一つでしょう。

 

 

 

というわけで。

 

 

 

 

 

 

IMG_3261

 

 

 

 

〇SCOTT  2020 SPEEDSTER10 DISC   ¥195,000-+TAX

 

 

(現金でのお支払いの場合3%分のポイント付き)

 

 

 

エンデュランスバイク的なキャラクターが与えられた現行スピードスター。

 

そこにディスクブレーキと太めのタイヤをプラス。

タフなロングライド向けモデルとして、その完成度をさらに高めてきました。

 

 

 

 

 

 

IMG_3273

 

 

 

 

コンポーネントは105、ブレーキシステムも同じく105の油圧式。

軽い引きとした安定したブレーキフィーリングはさすがのシマノクオリティ。

 

 

ガッシリしたアルミフレームに32Cの太目タイヤということもあり、乗り味に

多少の重さを感じますが、そこは前後160mm径のローターでカバー。

 

ロー32Tのスプロケットも、バイクの軽快感アップにはプラス要因。

 

 

 

 

 

 

IMG_3288

 

 

 

 

短めのトップチューブと長めのヘッドチューブのジオメトリーに加え、手前に

ベンドした独特な形状のハンドルも採用、ライポジは結構ゆったり目。

 

それほどキツい前傾姿勢にはならないので、はじめてのロードバイクとしても

オススメです。

 

 

 

 

 

 

IMG_3269

 

 

 

 

フレームサイスはS。

おおよその適正身長は170cmくらいでしょうか。

 

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

 

 

 

本格グラベルロードとまではいきませんが、32Cタイヤによる走破性の高さと

それをキッチリ止めるブレーキの搭載によって、エンデュランス寄りの特性を

さらに高めた「スピードスター10 DISC」。

 

 

サイクリングからちょっとしたオフロードライドまで、大活躍間違いなし!