【STAFFBLOG】微妙に曲がってしまったバルブコアを交換。
by: 小西真人

IMG_4750

 

 

 

 

 

 

使い慣れていないフロアポンプで空気を入れたからなのか、微妙に曲がって

しまったフレンチバルブの細い部分。

 

軽く曲がった程度ならこれといって問題になるようなものでもありませんが

一度気になるなんとかしたくなるのが人情というもの。

 

 

 

 

 

 

IMG_4754

 

 

 

 

これが普通のクリンチャーならチューブごと交換しておしまい、と言う手も

使えるですが、このホイールはUSTチューブレス。

 

だからと言ってバルブ本体まで交換しようとするとそれなりの値段と手間が

かかってしまうので、今回はバルブコアのみを交換です。

 

 

 

 

 

 

IMG_4747

 

 

 

 

〇TUFO バルブコア(1コ)  ¥330-(税込)

 

〇TNI VALVE TOOL CAP(2コ)  ¥550-(税込)

 

 

 

バルブコアは店頭に普通に置いてあったTUFOのもの。マヴィック純正でも

なんでもありませんが使えればOK。

 

コア外し工具も必要だったので、最近流行りのバルブキャップ兼用のヤツ

ついでに購入してみました。

 

 

 

 

 

 

IMG_4766

 

 

 

 

こんな感じに工具?をセットして、古いバルブコアを緩めて外します。

 

作業前にタイヤ内の空気を全部抜いておくのも忘れずに。

 

 

 

 

 

 

IMG_4772

 

 

 

 

右が新品。

 

今はピュアチューブレスで使っていますが、かつてシーラントを入れていた

時期もあったので、古い方は想像以上に汚れていました。

 

 

 

 

 

 

IMG_4773

 

 

 

 

外す時と同じ要領で新しいバルブコアをねじ込んで、空気を入れて終了。

 

専用工具ではないので作業性は正直それなりですが、普通に締める・緩める

くらいはこのバルブキャップでも問題なくできました。

 

締める際に多少力を入れ過ぎても先に壊れるのは多分アルミ製のキャップ

なので、肝心なバルブ本体を傷めてしまう心配はなさそうです。

 

 

 

 

 

 

IMG_4776

 

 

 

 

最後にキャップとしてバルブにかぶせて完成!

 

 

 

最近なんだか空気が抜けるのが早い気がする・・・なんて時にはココが緩んで

いたなんてケースもあります。

 

バルブコアがしっかりと締まっているか、たまにはチェックしてあげましょう。