【canonndale】アルミの名車の弟分は、実に優秀なエントリーモデル。
by: 小西真人

IMG_2718

 

 

キャノンデールがスゴいと思うのは。

「CAAD13」に代表されるアルミのフラッグシップ機だけが特別に高性能なわけではなく「OPTIMO」のようなエントリー機でもしっかりと速さとらしさが感じられるところ。

「アルミのキャノンデール」という称号は伊達ではありません。

 

コンサバ→エアロにデザイン一新 

 

IMG_2683

 

〇CANNONDALE  CAAD OPTIMO 4 ¥102,300-(税込)

 

兄貴分のCAAD13のエアロ化に合わせてカムテールデザイン&ドロップドシートステーに進化した2代目CAAD OPITMO。

気持ち長めのヘッドチューブと強めのスローピングはいかにもエントリー機。この程々に速そうで程々に乗りやすそうな雰囲気がロードバイク特有の敷居の高さのようなものを上手く緩和している気がします。

 

CAADは高性能アルミの証

 

IMG_2742

 

CAAD=キャノンデール・アドバンスド・アルミ・デザイン。

アルミ素材は「13」で使われているスペシャルな6069ではなく一般的な6061ですが、その料理の上手さは流石の一言。

初めての1台に相応しいのは、切れ味の鋭さよりも安定感。とは言え只のダルいバイクでは乗っていてつまらないと彼らは知っています。

簡単には破綻しなそうな高い安定感=乗っていて怖くない=ドンドン速度を上げられる。そんな走りを可能にするのも基本性能の高さゆえ。

 

フレーム性能>コンポ&ホイール

 

IMG_2692

 

搭載コンポはシマノのクラリス(2×8速)。

105モデルの設定があることからもわかる通り、コンポやパーツに対して完全にフレームが勝っています。

まずはこのままの状態で乗り込んでみて、ああしたい・こうしたいというイメージが出来てきたらそれに近づけるカスタムを実施。常にライダーが優勢な状況でトレーニングを積めば、速くなること間違いなし。

 

48~58まで、今ならサイズも選べます。

 

IMG_2686

 

フレームサイズは54。
おおよその適正身長は175cmくらいでしょうか。

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

他にも48・51・56・58が在庫アリ。
165~185cmくらいまで、今ならしっかりとカバーできます。

 

ちなみにOPTIMOという名称は、サエコカラーでもお馴染みのレーシングフレーム「CAAD7」のサブネーム的に使われていたこともアリ。

優れたフレーム性能+抑えたお値段。ロードバイクらしい走りがしっかりと感じられる、スポーツバイクデビューにもピッタリな1台です!

 

 

 

DSC_4089

 

パナレーサーの、それも「グラベルキング」にフォーカスした、ちょっと
マニアックな「ポップアップイベント」を開催中!

 

DSC_4096

 

アンケートにご協力いただいた方に、新ロゴステッカーをプレゼント!