instagram

【STAFFBLOG】K-EDGEの「PRO」チェーンキャッチャーに交換!
by: 小西真人

IMG_5026

 

 

あまり深く考えずに旧フレーム→新フレームへとコンポやその他アレコレを移植したら、ボトルケージとチェーンキャッチャーが干渉しました。

 

 

IMG_5003

 

サーヴェロ=ユンボヴィスマということで、ボトルケージをエリートからタックスに替えることも考えましたが。

使ってないキャッチャーがあったことを思い出したので、あちこち探してみたところ・・・無事発見!

 

 

IMG_5009

 

K-EDGEの「PRO」チェーンキャッチャー。

ブレードの先端にかつてお世話になった痕跡が残っています。

 

 

IMG_5011

 

取り付けてみるとクリアランス的にはなんの問題も無し。ボトルケージの位置も一番下げた状態にできました。

ただフロントディレイラーを一旦外すことになってしまい、位置決めから調整まで丸々やり直すハメになりましたが。

 

 

IMG_5016

 

このK-EDGEのPROキャッチャーの良く出来ていると思う点が、Fメカの固定とブレードの固定が別々のネジになっているところ。

なので、Fメカに影響することなく微妙な位置調整が出来ますし、万が一チェーンが落ちてしまってもブレードだけを取り外せるのでリカバーの面でも有利。流石は「PRO」モデル。

もっと早くコレのことを思い出していたら、余計な手間をかけずに済んだのに・・・

 

 

IMG_5030

 

〇K-EDGE  PRO 直付チェーンキャッチャー ¥4,200-(税込)

 

BBの大ボリューム化が進むカーボンバイクの場合、チェーンが落ちた時の被害はクロモリやアルミフレームの比ではありません。

TREKやSCOTTなどは、初めから独自のキャッチャーを開発してカーボンフレームに標準装備しているくらいです。

ディレイラーの本来の意味は「脱線(ディ・レール)させるもの」。

「チェーンは落ちるもの」と考えて、前以て準備をしておきましょう。

 

 

P&P CONPONENTSポップアップ開催中!

 

5452EA65-EF99-49E9-9906-ADA539E3DA49

 

コーダ―ブルーム・ネストにも通ずるコストパフォーマンスに優れた
アクセサリーの数々を、実際にお手に取ってご確認いただけます!