FACTOR

FACTOR BIKEについて 2007年にレーシングカー、航空宇宙産業に関わるイギリスのエンジニアリング会社「bf1systems」から誕生。 2009年にはその工学技術を通じて革新、スピード、高性能にこだわって開発された「Factor001」を発表。 その後2013年に現行モデルの開発の基準となった「Vis Vires」を発表。翌年には現行モデル「One」「One-S」「O2」の開発に着手。 そして、2016にはプロコンチネンタルチーム「One Pro Cycling Team」がFactorを使用し好成績をおさめている。 さらに2017年よりフランスのUCIプロチーム「AG2R La Mondiale」が採用するなど注目を集めている。 現在のオーナーはTDFグリーンジャージの獲得経験を持つ「Baden Cooke」、テストパイロットには「David Millar」と良質なバイクを開発する面では申し分ない組みあわせである。