大阪本館トライアスロン記事一覧はこちら

 

 

 

 

 

 

スイム1

 

 

 

 

トライアスロンとは

 

トライアスロンが生まれたのは1974年アメリカ西海岸サンディエゴ。

 

 

スイム(水泳)・バイク(自転車)・ラン(ランニング)の3種目を一人で連続して行うことから、ラテン語の3「トライ」と競技の「アスロン」を組み合わせトライアスロンとなりました。

 

 

 

「完走者は全て勝者である」

 

 

 

この基本精神に則ったトライアスロンでは順位に関わらず、完走した全ての人が人がゴールテープを切る快感を味わうことが出来るのです。

 

 

 

世界五大陸100を超える国と地域の人々に親しまれ、日本国内でも数多く開催されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイク2

 

 

 

 

初心者からベテランまで楽しめる様々な距離の大会

 

 

現在のトライアスロンはマラソン大会のように距離・ルールが細分化されています。1~2時間の短距離で終わる大会などもあり、体力に自信のない人も楽しめるスポーツに変わってきています。

 

 

 

 

 

 

スプリントディスタンス~デビュー戦にもってこい~

 

スイム750km・バイク20km・ラン20km

 

国内ではオリンピックに次ぐレース数を誇るスプリント。

 

オリンピックの半分の距離で行われるので多くのアスリートがトライアスロンデビューに選びます。

 

オリンピックディスタンスメインの大会での併催が多く、またスプリントディスタンスがメインの大会も数多くあります。

 

 

 

 

 

 

オリンピックディスタンス~国内で最も多い大会数~

 

スイム1.5km・バイク40km・ラン10km

 

その名の通りオリンピック正式種目として採用されている距離。

 

初心者でも運動経験があったり、準備時間が十分にとれるならここから始めても問題ない距離です。

 

国内トライアスロンで最もスタンダードな距離で多く開催されています。

 

 

 

 

 

SONY DSC

佐渡観光PHOTO

 

 

P7040606

GIRLYDROP宮古島観光協会

 

 

 

ロング/アイアンマン~トライアスロンの原点~

 

他にもオリンピックディスタンスの約2倍のミドルや約4倍のロングがあります。

 

国内長距離レースの花形と言えば

スイム3km・バイク・150kmラン・42.195kmの「宮古島トライアスロン」

スイム・4mバイク・190km・ラン42.2kmの”アイアンマン超え”「佐渡国際トライアスロンAタイプ」のツートップで間違いないでしょう。

 

またスイム3.8kmバイク180kmラン42.195km、ハワイ発祥の「アイアンマン」は世界中のトライアスリートの憧れであり目標としている大会です。

 

 

 

 

 大阪本館トライアスロン記事一覧はこちら

おすすめコンテンツ/サービス