【渋谷発】上質なスチールロードは如何?Raleigh CRRが待望の入荷!
by: 伊藤 来

渋谷本館ではスチールロードにも力を入れています。

特にオススメは、丁寧でこだわりの作りとコストパフォーマンスで人気の

[Raleigh]

そのラレーから最新のハイエンドモデルが入荷しました。

CRR①

Raleigh Carlton-R (CRR)

¥295,000+TAX

こだわりの材料とこだわりのディティールに定評あるラレーが

本気でハイエンドモデルを作ったら良いに決まってる!

トップチューブはエアロ効果と美観を目したブレーキワイヤー内蔵仕様にし、

ハイエンドモデルに相応しい新型アルテグラR8000をメインにアッセンブル。

カタログ値では完成車重量8.9kgを達成。

メーカーサイトはこちらを参照

 

CRR②

CRFで定評ある英国の名門チューブメーカー、レイノルズの631を使用。

 

CRR③

フロントフォークはイタリア・コロンバス社のフルカーボンフォーク

「GRAMMY SLIM」を標準装備。カーボンコラムで単体重量350g台の

軽量フレームはスチールロードながら大幅な軽量化に貢献。

ホイールにはチューブレスにも対応したシマノWH-RS500を採用。

 

現在スチールロードといえばクラシックなルックスをお求めの方向けに

雰囲気重視のものが多いですが、カラーリングこそ落ち着いた雰囲気であるものの

最新スペックで、本気で走れるスチールロードを送り出している

数少ないブランド、ラレー。

軽く、乗り心地に優れたハイエンド・スチールロードは

どこまでも走りたくなる魅力に溢れています。

アルミ、カーボンを乗り継いだ方にこそオススメの逸品です。