本日の志木店 RIDREY × TIME
by: 野澤 伸吾

2015年以降のリドレーフレームは シフトワイヤーが内装

  かつまた・・・・

2F2A2933

   ↑ ノアもフェニックスにも付く このBB下部品

これの効果により BB下はツルっと滑らかなのですが・・・・・

2F2A2934

    ↑ 構造的に BBを外した状態でないと

 ワイヤーが交換出来ないじゃないかぁ。

 

 圧入式ですので ベアリングを外すには叩きます。

ベアリングは叩きたくない。。。。

   その点、ウイッシュボーンは良いですね

 

叩いたベアリングは再使用出来ない可能性ある

 BBのベアリングとワイヤーの交換頻度を考えると

  なんとかしたいなと 考えました。

2F2A2940

    ↑ こんな 附属品があるので・・・・

BBを通過してチェンステイまでライナーは通せます

 が  しかし・・・・

2F2A2941

  ↑ RD直近には こんな部品が付き・・・

2F2A2942

    ↑  それに シフトアウターは挿入されるので

  前出のライナーは この部品に入れる事は出来ない。

2F2A2954

    これも 附属品。

てことは ヘッドからのライナーと 

RD直近のライナーは分断されるので 後日交換の際に

  

チェンステイの内部でライナーが途切れてる状態では

 結合できるとは思えません。

で・・・・一晩考えて 開発したのが・・・・

↑ まず新たに用意したライナーを

      ヘッド~RD直近まで通します

  付属のライナーでは駄目です。

  なぜなら・・・・細くてノコンが使えない

↑ そしてRD直近出口からRDまではノコンにします

  こうすると・・・・

2F2A2949

    ヘッドチューブ入り口からRDまでが

  連続したライナーで貫通するので

 超簡単にワイヤーが交換できますね!

そう! BBを外さなくてもね。

ついでに ベルギー国旗色も入れときました。

 

  本日は 志木店初のTIMEも組立着手

2F2A2956

    TIMEのSCYLON

  サイズはXXSなんですね・・・・・

 はい 最低サドル高さは何ミリか?

2F2A2961

  このサドルで638mmが限界

2F2A2957

    レール下側からだと596.5mmと思います。

この数値を達成するには 

   ヤグラの下端部を5mmカットしました

 

  あ・・・・そうそうハンドルのセンターマークは

2F2A2950

   ↑ この測り方を左右で測り

2F2A2953

   ↑ センターマークは修正しましょう。

  今回のDEDAは 1.3mm狂ってました。

 まあ この誤差を気にするかどうかは考え方ですがね

  by野澤