【製品情報】苦節7年遂に日の当たる場所へ
by: 田中 伸也

 

 

S__6381574

 

思えば、、

ST-7970 に搭載されたものの、、

新型フライトデッキ構想はとん挫し、

放置され、、

ST-9070にも搭載され、

最近ようやく

GARMINさんや

PIONEERさんとの連携で

サイクルコンピュータの操作ボタンとして

いわゆる補欠的な立ち位置で今までやってまりました。

正式名称「スイッチA」

 

S__6381573

最新のファームウェアアップデートで

変速ボタン機能が追加され

ようやく日の当たる、レギュラーの座へ!

 

ということで設定してみました。

 

S__6381572

↑まずは

SM-BCR2 でバイクとPCを接続

↓ 最初にSM-BCR2のファームウェアアップデート

SM-BCR2-1

その後各パーツの接続チェック、

ファームウェアアップデートの確認後

 

カスタマイズ

シフトスイッチ

たとえばSTレバー左の設定画面を開くとこんなかんじ

スイッチA項目は「サイクルコンピュータ左」です。

SM-BCR2-2

 

↓ プルダウンメニューでシフト機能を選択します。

「リア シフトダウン」

 

SM-BCR2-3

↓ 右レバーも同様に設定変更すれば

スプリンタースイッチのように

右:シフトアップ

左:シフトダウン

のような機能が割り当てできます。

SM-BCR2-4

プルダウンメニュー項目はどれも選べますので

フロント変速を割り当てることもできます。

↓ ちなみにスプリンタースイッチも、

 前後変速機能のみ変更可能です。

SM-BCR2-5

 

↓ そうなると、たとえば、、使い勝手は別として

全て右手で変速操作ができる設定も可能ですね。

SM-BCR2-6

上記の設定は

SM-PCE1でも同様にPC接続で可能でした。

しかし、iPadのE-TUBEのアプリでは2017年1月28日現在

「スイッチA」が設定画面に表れませんでした。

アプリのアップデートが待たれますね。

S__2523139

S__2523140

 

↓ ここでも変速できるよ!

S__6389762

 

Di2といえばR9150も間もなく出荷されるようですね。

ST-R9150の「スイッチA」はありますが

位置が少々前側になって

9070よりスイッチングが楽になってます。

S__6357065

↑ ST-R9100よりシェイプアップされています。

 

↓ フロントディレイラ―はロー調整ボルトが廃されて

電気的な調整のみになっています。

これにより構造的改善が進み

小型、軽量化がすすみました。

S__6357064

 

 ↓ リアディレイラ―はメカニカルと見間違える程

小型化しています。

S__6357062

 

↓ ハンドル内蔵ジャンクションAもそろそろ出荷ですね。

 S__6357058

 

R9150から搭載の新機能

シンクロシフトは

2つのモードがあるようです。

 

 

フルシンクロモード

右ボタンを押しっぱなしにすれば

途中でフロント変速が行われ、

直後にリアディレイラ―が2段ぐらい動いて

ギア比を繋げて

さらに後ろのギアが変速していきます。

 

セミシンクロモード

フロント変速を行った時のみ

リアディレイラ―が自動で

ギア比を繋ぎます。

 

加えて従来のノーマルモードが

ありますので3つのモードとなります。

 

R9150の注意点は

フロントインナーで

リアはトップ、セカンドは

標準で使えない仕様となったようです。

歯数の組み合わせではキャンセル可能らしいのですが

現物来てから要確認ですね。

 

R9150ご予約受付中です。

Di2のファームウェアアップデート

ご相談ください。

 

Di2