本日の志木店 695整備 【170mm以下のZED3クランク!】 SCYLON箱出しの儀!
by: 野澤 伸吾

山岳大好きなオーナー様が

 LOOK695里帰り整備に持ってこられて・・・

  今回の整備の大注目はクランク長さにあります

2F2A9694

    LOOK695は素晴らしいバイクであり

  その魅力はバランスの高さにあります。

 695や795はZEDクランクという名の専用クランク

2F2A9696

  スポーツバイクを考える上で

 クランクの剛性 その特性は非常に大切ですし

漕ぎ感 フレームのしなりや剛性とどんな出会いをするか

 メーカーの設計者は そのバランスに頭を悩ませている事でしょう

とても硬いクランクなのか 軽くいが ある程度柔らかいものなのか?

その重要なクランクとフレームのバランスが

調和しているのがLOOKの強みなのですね。

★ 弱点は170mm以下の長さが無かったこと!

2F2A9704

  実はあるんです

 ZED3クランクで

 162.5mm  165mm 167.5mm

  夢のトライアングル

 

これ

  LOOK 796 モノブレード

   【TTマシン】では オーダー時に

もともと選べるんです!

   なんと155mmから選択肢あるんですよ。

今回はその スペア品を特別に販売する幸運に恵まれました。

 そのかわり スペシャルなので高価です。

 クランクセットで15万円でございます。

   為替で変動します

もう 1セット 今なら在庫 日本にあります!

2F2A9697

  ベアリングも付属ですので入れ替えます

2F2A9699

   ↑ こんな形の専門工具に

2F2A9700

    ↑ このような 形になり圧入します

2F2A9701

↑ チェンリングを組み時に【掃除などで分解した後】

  インナーには 必ず印があるのを見落とさないでください

 このように【出っ張り】だったり 【小さな三角の印】を

 クランクアームの位置に取り付けます

この場所を 間違えるとフロント変速の性能が悪くなります

  と ふとFDをみると

2F2A9707

    ありゃ?  あるはずのものがありません

 この矢印部分には 黒い樹脂のパーツがあるはず

2F2A9708

     ↑ この黒い樹脂性のパーツ

  これが欠落すると フロントの変速

 インナーからアウターが イマイチになりますね

部品を手配しましょう。

2F2A9709

   ↑ 後ろの変速がとても不調です

 上図をご覧ください。。。。。

2F2A9710

  ↑ シフトアウターキャップが 入り口にめり込んでます!

2F2A9714

   695は ダウンチューブにあるアルミ製の入り口から

  BB下側まで連続しているので これが起こる

2F2A9711

    ↑   これが 本当の姿

2F2A9712

     ↑ この 位置関係に なってしまう

  入り口金具部品に

 アウターエンドキャップが

  乗り上がり  そして 食い込む

 

 

 輪行や車載の際に

シフトアウターを引っ張ってしまいズレたのでしょう

 

 そうすると・・・

とてもワイヤーテンションがあがるので

 一番重いギヤには入ってなかった筈です

  そして・・・

2F2A9715

   ↑ STIレバー直近も ほつれていました

  解除レバー【重くするほう】が調子悪かったはず

ちょっと ちょっと 調子悪くなって気が付かなかったかな

2F2A9716

    ↑ これも 要交換なんですよ

   これはね

2F2A9717

   ↑ RD ワイヤー出口の滑り管ね。

  これ 消耗品です。

 ワイヤー交換時には取り替えましょう

2F2A9718

 LOOK695オーナー様は ↑ この部分の

2F2A9719

   ↑ はまり方 にも注目してください。

 2F2A9722 無事に162.5~167.5mmのZED3になり

 かつまた 変速も調子よくなって

幸せLOOK695でございます

  とそこに

 三ヶ月待ちの 逸品が入荷!

 

  ↑ LOOKと双璧を成すTIME でございます

 今回はその梱包状態を動画でご紹介

こんな感じの 箱で日本にきます!

2F2A9723

   こちらの組み立ても楽しみでございます! 

by野澤