【ロードバイクメンテナンス】本日の志木店 LOOK586のOH
by: 野澤 伸吾

 昨日は695のヘッドパーツ分解を

 御紹介いたしましたが 本日は586です

GR081074

   ↑ LOOK586のヘッド上の黒いリング

  これは・・・

GR081077

   ↑ シマノのBB工具がピッタリはまります

   正ネジです。 反時計回しに回せば

GR081078

   ↑ こんなふうに外れます

  アルミのネジの中ほどにピンが見えますね

GR081079

  ↑ ピンを抜けば このように分解できます

GR081080

     ↑数年分の汚れ。

GR081081

  ↑洗浄してグリスを入れて再使用

 

  ヘッドのベアリングは

 常に回転している訳でないので 

ある程度の【2年に一度くらい】OHで

 ゴリゴリしていないなら再使用と考えてます

GR081084

    ↑ LOOKの555 566 585

 などで この銀色のリングを入れ忘れると

 ヘッドのガタが取れなくなってしまします

 忘れずに組み入れましょう

GR081087

   ↑ 同時にBBのベアリングも手当てします。

 以前にご案内したように カンパニョウロは

 水のあまりかからないであろう内部側には

 防水シールを設置しません。 オープンです。

GR081088

    ↑ 短列深溝ベアリングの側面が

  錆び易いですね。  うーん。

 カンパに限らず 自転車業界って

 イオン化傾向差の・・・・・ 

 異種金属接触腐食に無頓着なんでよねー。

 この鉄製のベアリング側面にはアルミ製のBBキャップが

 触れるのです。 そこに水分があればかなりの悪条件

 ここも たっぷりグリスを塗って予防しましょう

GR081089

   ↑ 綺麗にしたクランクを挿入します

2F2A9759

    そんなOHで

  ピシっと生き返った相棒です。

 明日が楽しみですね

by野澤