ヘッドのガタ 自己解決方法
by: 野澤 伸吾

 

ヘッドパーツのガタは非常に危険です

ブレーキング時にラインが乱れたり

ベアリングの破損にもつながります

最近のフォークコラムはカーボン製品が多く

2F2A9782

   ↑ 叩き込むタイプでなく 

  コラムに優しい広がって止まる2F2A9778

タイプなのです。↑ こんな部品が広がります

2F2A9779

   ↑ 分解すると こんな構成です

 上部の黒いトップキャップは6mmで

回すと ヘッドパーツに加圧します

ここで 注意したいのが

2F2A9785

   6mmばかり回し続けると

アンカーが

優しい子なので 我慢できず】上がっちゃうの!

2F2A9786-001

↑ 内部のアンカーが少しずつ上がりますと

そのうち 上下がピタッと圧着しちゃいます

 こうなると もう本来の役目を果たしません 

その時の6mm工具を回す感触は

正常のものとは異なり なんていうか

ズリズリと嫌な感触ですけから 気がついて頂きたい

 ↑ たまには 全部を取り出して

 トップキャップを緩めて

 ひきしろ をつくってくださいませ

  by野澤