【川原の有言実行日記】パワートレーニング編 その14 秋のレースに向けた取り組み編1【やる気MAX】
by: 川原建太郎

2017/06/27

 

 

こんにちは。
ワイズロード志木店の川原です。

 

 

パワトレブログで毎日続けられるVO2max練の時間効率の良さについて書いて来ました

ただしキツイです!
楽して強くなる方法は無いですが、
フルタイムワーカーは出来るだけ効率良くトレーニングしたいですよね。

 

 

パワトレの進め方についてはスタッフ永平のブログをご参照頂くとして、
川原としては、皆さんのトレーニングの起爆剤になるようなデータを提供できればと思います。

ワイズロードのパワトレ特設サイトはこちらです。

 

 

今回からは、

 

秋に行われる距離が50kmあるレースへの取り組み

 

について書いていきます。今回が1回目です。

  

 

① 距離が50kmでレース時間は1時間半弱。
② ロードレースなので、アップダウンやアタックの度にパワーインターバルとなる。
③ 最後はスプリントになるケースが多い。

 

 

上記の①~③を踏まえて取り組んで行きます。
①は時間の長さから、ミディアム走とFTP走の両方を強化する。
②は5分~1分のVO2max領域インターバルを強化する。
③については勝負に関わるところなので、強化方法については今のところオフレコで。

 

 

残り4ヶ月、練習時は常に①と②を区別して意識しながら行います。

 

 

明日はレスト予定ですので、今日のメニューは②を意識。

アップの後
VO2max90%5分
レスト10秒

(120%30秒-レスト10秒)を3本

90%は300ワット以上
120%は400ワット以上をキープです

 

 

結果は、

120%の最初にラップボタンを押し間違えていますが、30秒-10秒を計3本行いました。
レース前までに10本できるようになれば合格です。(個人的にこの練習を地獄ローラーと呼んでいます)

FTP領域からのVO2max領域をこなす実践的な練習ですが、負担が多いので余裕のある時に行っています。徐々に現状のFTP領域で余裕を持ってショートインターバルに入れるように仕上げて行きます。

2017

 

2017-1

 

 

 

次の目標は7月29日の実業団矢板クリテリウムと30日の実業団片岡ロードレースです。
直前に埼玉で行われる実業団三峰山ヒルクライムもきちんと登れるようにしておきます。

  

 

次回のブログをお楽しみに。

 

 

パワトレには、パイオニアのペダリングモニターが最適。
左側クランク用のSGY-PM910VLは
お求め易い価格の
74,800円です。後から右側も追加できます!
現在、キャンペーン実施中です!!

(クランクは付属しません)
prod_himg_sgypm910vlr_0

 

ワイズロード志木店は単店で
パイオニアペダリングモニター販売実績全国2位!
パワトレについて、是非お任せください。 

 

 

現在、実業団メンバー募集しております! 
川原までお問い合わせください。
実力よりもワイズロード実業団チームを盛り上げようという、やる気優先です。
そういう方が増えたらJPTチーム参戦を本格的に進めます。

 

12936611_927947830655201_8309663342554755559_n

 

 

ワイズロード志木店
048-471-0069