【Pinarello PARIS】 オーバーホール作業で感じた事【細かい話ですんまそ】
by: 野澤 伸吾

 

YsRoad志木店では他店購入

バイクのオーバーホール

もちろん承ってますよ

【お受けできないメーカーも一部あります】

 

今回のお話はピナレロの逸品

パリ カーボンです

 

2F2A0904

 

御購入後 4年目?ほど

BBはアッセンブリ交換なのですが

 

R0092987

 

↑ BBをはずして洗浄しても

当たり面がいい感じではないので

 

R0092988

フェースを整えます

 

 

R0092992

 

切削途中で観察しますと

やはり 面は不均等なのが

見て取れますね

 

 

R0092995

  ↑フェース面は均一できたのですけど

矢印部分フェース少し内側の45度カット部が

まだ全周届いてないのが見えます

うーん どうしようかなと考え

深追いせず この状態で切削はやめました

まあね バランス感覚で

 

 

 

 

 

この作業が必要かどうかは

いろいろ御意見あります

しかしながらDOGMAグレードは

綺麗に切削加工しての出荷ですので

私感では セカンドグレードにもやります

 

 

 

R0093016

 

この年度のヘッドパーツは

水分 塩害に弱いので・・・・・・

たっぷりと塩分グリスを乗っけて

 

 

R0093018

 

プリロードをかけると

余分なのが溢れるので拭いてやれば

安心ですね

 

 

 

R0093003

 

3Tの素敵なLTDグレード

ハンドルやピラーが付いてまして

ボトルケージも高価なカーボン製

使い込むとクリアが剥げてしまうので

 

 

R0093007

 

 清掃&脱脂してから

クリアを吹いてやれば復活します

 

 

 

 

2F2A0909

 

 

↑ このハンドルは素敵なロゴが

リラックスポジションにあるので

LTDでもありますし バーテープは

 

 

2F2A0911-001

 

こんな感じで。

フジークのエンデュランス・ソフト

夏場にオススメなテープです

 

 

 

 

2F2A0902

 

 

そんなふうに

信頼できる週末の相棒が

 

 

2F2A0901

 

復活しました

by野澤