【社員試乗会】「これがLOOKってもんだぜい!」785HUEZ RS
by: 田中 伸也

 

S__9199621

LOOk 785 HUEZ RS

(写真が酷くてすみません。)

詳細なデータやビジュアルは割愛します。

 

 

試乗した直後の率直な感想は、、

 

「これがLOOKってもんだぜい!」

(なぜかべらんめ〜調)

 

ちょっとこのおっさん何言ってんの?
と思った方すみません。

 

 

以下よろしければ

少々お付き合くだされば幸いです。

 

785HUEZ RSの概要は

「軽量なクライミングバイクとして

設計されています。
さらには、

コンペティションバイクとしても使えます

軽量かつ十分な剛性を生かして

スピード上下の激しいクリテリウムも

こなせます。

 

 

また、コースにより

登れば少なからず下りもある、
安全かつスピーディーなダウンヒルのため
ヘッド回りやフロントフォークは

特に剛性に配慮しています。

 

シートステイのカーボン強度は控え目で

しなやかなライディングを可能し、
外的衝撃に柔軟で破損を起こしにくい

設計です。

 

さらに

フルコンポーネントをお好みに選べます

 

価格も含めて

快適で汎用性が高いバイクを求める、

若い競技者や熱心なサイクリストの

ためのバイクです。」

 

 

クライミングバイクとしながらも

アマチュアライダーには
十分な総合性能を備えることが伺えます。

 

フレーム剛性やエアロダイナミクス、

トータル性能やスピードは

795が勝るとしても

平野部を出れば

アップダウンや峠道が多く、

ヒルクライムイベントも多い
日本において、

オールラウンド性能を持ちうる

クライミング用のLOOKは
今の国内市場にマッチした

モデルと言えます。

 

戦闘力の高い最新のLOOKが

フレーム価格税抜き¥380,000で

購入できることも
このモデルの発表後、

注目されている理由でしょう。

 

そして!

これを書いている最中

偶然
LOOK本社の

開発やセースル担当の方々に
志木店へお越し頂きました。

 

S__9199627

 

 

785 HUEZ について

 

伺いました!

 

S__9199626

 

 

795のエアロラインと

765のエンデュランスラインの

隙間を埋めるべく

 

開発期間、約2年半をかけ

785のクライミングバイクが

完成しました。

 

シーン別に

ベストなパフォーマンスが

得られる

LOOKのラインナップが

さらに強力になったのです。

 

 

785 HUEZは

今までの製品より

さらに薄いレイヤーで積層枚数を増やし、

軽量かつ高い剛性と効率を

コントロールしています。 

 

各チューブの部位毎に

軽量性、剛性、効率性の

バランスを追及するために

様々な断面形状を

シュミレートしたそうです。

(データを拝見しましたが撮影NGでした。)

 

チェーンステーの外観は左右同じでも

左右で積層を変えており
非対称形状と同様な

高い効率性で設計されています。

 

サイズ毎の剛性コントロールは

表記するまでもなく行っています。

 

そして、

最も重要な判断材料は
実走のフィーリングだと

話してくれました。

 

担当開発者も

競技レベルのパフォーマンスを有する

サイクリストであり
自社製品への責任とプライドが感じられ、
フィーリングを大事にする言葉に

説得力がありました。

 

 

対応コンポーネントは

シマノのRを冠する

9100や8000のシリーズに
最適化しています。

 

最小限のアウターワイヤ長を設定しており、
効率と軽量性を追求しています。

 

 

フレーム販売において

プレスフィットBB86のRS

フレーム価格税抜き¥380,000

ZEDクランク付きRS ZED

フレーム価格税抜き¥480,000

選べますが
786 HUEZは

シマノクランクを想定した

基本設計とのことです。

より高い剛性感を求める方に

RS ZEDがおススメです。

 

795が

プロメカニックを想定した設計に対して
786は

メインテナンス性にも配慮した設計です。

 

以上が785 HUEZ RSの概要です。

 

 

では実際乗ってどうなのか?
  

試乗に於いて、

登坂でのバイクの振りは

驚くほど軽くはないが
伝えるパワーに対して

バイクの反応は軽快で
地味だが心地よく伸びる感触があり
クライミングバイクらしさを

容易に確認できる。

キレッキレのバイク挙動にせず、
バイクに力を伝えやすく、
負荷かけたまま最後までタレずに
回しきれる絶妙なフレーム剛性。

HUEZが伝えてくる

この走行感がまさにLOOKの真骨頂。

 

時代のニーズに合わせて

フレーム剛性が年々高まる中でも
LOOKのロードモデルは

一貫して走らせ易さを感じます。

 

「君は最高の素材があれば

それだけで

最高の料理が作れるのかい?」

適材適所、さじ加減のノウハウがなければ

良いバイクは作れないよ

と言ったLOOKのエンジニアの印象的な

言葉を思い出します。

これはどのメーカーも頭を悩ませ、

しのぎを削る命題でしょう。

 

スチールフレーム全盛期より

他メーカーに先駆けて

カーボン素材のフレームを
市場投入し、

アルミフレーム全盛期でも

カーボンフレームのパイオニアとして
ぶれることなく

カーボンと向き合ってきたLOOK。

 

現在のカーボンフレーム全盛期にあって、

台頭する

大手競合メーカー製品の中に埋もれず

 

やはりLOOKらしい!

 

と思わせるエンジニアリングは流石。

 

カーボンフレームの老舗は健在です。

 

「自分のバイクはLOOKだよ!」

 

と自慢して頂きたいバイクです。

785 HUEZ RS

ご予約お待ちしております。