【社員試乗会】試乗会前半戦その2
by: 玉置 豊後

前回のブログに引き続き先週17日の試乗会のインプレをお送りします。

 

2台目に試乗したのはDEDACCAI STRADAのGLADIATOREになります。

デダチャイ1

フレームセット販売価格13万1千円(税抜)です。20万円を切る価格帯のカーボンフレームが増えてきていますが、こちらは15万円を切る価格、気になったので試乗させて頂きました。

 

パッと見ると「レース向けのジオメトリーかな?」と思いますが、こちらはエンデューロやロングライド向けのフレームです。

デダチャイ2-3

試乗の感想は語弊があるかもしれませんが、「あれ?よく走る?」でした。前三角の剛性が高いのか、使用しているT700カーボンのおかげか、ロングライドフレームですがすごくよく走ってくれます。ヘッドチューブは少し短め、シートステーはしなりすぎず程良いやわらかさです。

 

 

デダチャイ4

 3台目は同じくDEDACCIAI STRADAのVERTIGINEです。フレームセット販売価格16万9千円(税抜)、エントリー向けと言う位置付けです。

SI Exif

おとなしめな外見ではありますが、フレーム前後でカーボンの配置を変えたり、シートステーの接合位置を下げたり、振動や空力など性能面はおとなしくありません。とは言えガッチガチに硬いわけではなく、素直な性格。反応も快適性も良く、コストパフォーマンスの高いフレームです。

 

参考価格として105でフレーム組みをした場合、他のパーツ類とホイール、工賃含めてだいたいプラス税込15万円くらいです。乗せ換えの場合は工賃1万5千円(税抜)とワイヤー類、バーテープ、チェーンなどが必要になるので工賃とパーツ代含めてプラス税込3万円弱くらいになります。あくまでも参考価格ですが。

 

試乗したGRADIATOREとVERTIGINEはどちらも20万を切る価格ですが、どちらもコストパフォーマンス高いです。