【Di2でのSTIレバー考察】9150と8050を比べてみた【価格差35,218円】
by: 野澤 伸吾

 

シマノの傑作システム

 

Di2

 

 はい電動シフト。

 

 

最新のシステムは8050Di2のアルテグラであります。

前モデルの6870Di2において機能的に

デュラエースに勝てないのは

Aボタンでした。

  9070Di2レバーの頂点に補助ボタンがあるのです

6870Di2にはそれが無かった・・・・・・しかし

 

 

R0463286

↑ その ボタンが8050では設けられました

これにより Di2のSTIに限れば

グレード間の差がグッと詰まりました

 

 

2F2A0459

最新のDi2 グレード間差額

35,218円です 税込

デュラはアルテの倍額以上です。

 

両者の細部を観察してみましょう

2F2A0453

↑ レバーパッドをめくってみると

Di2ポートの造作とブラケット本体の躯体が見えます

9150の躯体はカーボン素材感バリバリで

8050は樹脂素材なです。  ポートの造りに差はないです

レバーをハンドルに固定するバンドには大きな差があります。

デュラはチタン素材ですね。 エッジもシャープです。

2F2A0454

 

レバーをテープで留めて

ブレーキワイヤー取り付け部を比較

デュラは軽量化の為 アルミがカーボン化

2F2A0455

↑ 同じ条件で 前部からの観察

右が9150 左が8050

ここら辺の質感はアルテのほうが高く感じますね

 

機械式の場合はシフト感触に

 

両者のグレード格差が

ハッキリありますが

 

 

Di2ではどうかしら。

 

 

ワイヤー駆動の場合はレバーの中に

ギヤとかラチェットとかベアリングなど

精密な【まるで時計仕掛け】なメカがぎっしり・・・・・・

しかし 電動制御の場合は単なるスイッチです。

 

 

 

ハッキリ書きますが

シフトボタンを押す感触に 差はありません。

つまり 速性能にグレード差は無いです。

 

・・・・シマノ客センターに電話して確認しましたが

 

最大の差は 重量です

2F2A0450

STI9150は片側114グラム

2F2A0451

STI8050は片側151グラム

 

両側では74グラムの軽量化になります

1グラムあたりの単価は475円 税込であります

 

ハンドル&サドルの軽量化は大きな効果がありますね

このグラム単価をどう感じるかはアナタ様次第です。

 

形状について

ブラケットを握った際に

私の手では違いが感じません

たぶん 強い力で押しても引いてもね。

 

重量以外に大きな違いは

レバーの見た目ですな

 

2F2A0458

↑ そりゃ勿論・・・・・・

デュラエースのレバーは綺麗です!

惚れれするこの質感!

私は ピアノブラックと呼んでます

 

2F2A0466-001

 

うむむ・・・・・・質感や所有達成感は横に置いて

 

スポーツバイク販売員としては微妙な発言ですが

電動コンポでアルテグラに対してデュラエースは

その差額ほどのポテンシャルは無いと言います

by野澤