【持ってて安心】転ばぬ先のTB-2 走って帰れる有り難さ
by: 田中 伸也

 

 

 

tb-2

 

 

 

最近すっかり

寒くなってまいりましたが

 

皆様は休日

いかがお過ごしでしょうか?

 

先の11月29日水曜日は

 

この時期としては

気温も穏やかで

 

日中は

特に用事もなく

気兼ね無く

サイクリング。

 

 20171129map

 

自宅から

白石峠↗

~大野峠~

狩場坂↘

正丸峠↗

~山伏峠↘

県道70号線(名栗川沿)

獲得標高は1864m

自宅から一回りで112km

個人的定番コース

S__9510923

 

S__9510924

 

山の麓まで

紅葉で色づき

 

綺麗です。

 

S__9510922

 

出発が遅かったので

 

正丸峠で少々

日が傾いてしまい、

 

気温が下がる前に

帰宅できるよう

帰路を急ぎました。

 

その結果ではありませんが、、、

 

飯能市街に入るあたりで

 

久しぶりにパンク

 

しかも

 

タイヤが

 

 

ざっくり切れる!

 

うっかりしてましたね。

 

交差点の少し広い歩道で

 

パンク修理

 

 

通常の

チューブ交換の

パンク修理だけではなく

 

大規模に切れた

タイヤにも処方が必要です。

 

ここでサドルバッグなどに

常備していると頼もしい

 

PARKTOOL

TB-2

エマージェンシータイヤブート

の登場です。

 (この手のネタは多いですね)

 

S__9510917

 

このタイヤ専用パッチを

裏側に充てて

修理

 

S__9510920

 

TB-2が見えてしまうくらい

大規模な切れ目、

 

TB-2がなければ

走行不能です。

 

ありがたや~

 

その後

 

約40km走行後の状態です。

 

S__9510918

 切り口は

やや広がっています。

まだ走れそうな状態では

ありますが、

このままでは

どうなるか不安な見た目です。

 

TB-2は

あくまで緊急補修用品です。

 

新品のタイヤが

用意可能な時点で

速やかに交換しましょう。

 

皆様

サイクリング

(だけではないですが)

準備は万端で

お出かけください。