【シマノ】ST-R8020 メカニカル油圧レバーのサイズ感はいかに!!
by: 石川康輔

 

大きなサドルバッグを買いたい石川です(結局)

安定のオルトリーブですかねー(高い)

何とかしてバックパックを背負いたくないのです!!(重い)

 

 

 

さてさて

初入荷の

STIレバーです

 

SHIMANO

ST-R8020

DSC_0061

 

 

¥52,687+税

 

油圧ブレーキ用のメカニカルシフトモデルですね!!

 

油圧電動レバーは驚愕のコンパクトさ

僕の手からなかなか離れないレベルの馴染みのよさがありました!

 

 

 

ですが

今回は構造的に

「でっかくなっちゃう」

メカニカルの油圧レバーを見ていきましょう!!

DSC_0062

 

 

 

パッと見違和感が無いようにも見えますが

 

僕の手と比較するとずいぶん頭でっかちに

 

DSC_0064

 

二世代前のメカニカルレバーはこんなもんでしたかね?

 

 

レバーは

通常のメカニカルと同等のスッキリデザイン!

DSC_0063

 

 

 

ちなみに

これが現行

R8000のレバーです

DSC_0065

 

 

うむ、しっくりくる

 

並べると

その大きさは

一目瞭然!!

 

DSC_0066

 

 

なんだ、デカイのかー・・・・・・

 

 

ざんね・・・・・・

!!!!?

いや、

でも、握った感じから推測すると

 

DSC_0071

 

 

ハンドルの取り付けバンドから

レバーの頭のカーブまでの距離は

同じくらいだ!!!!

(一息で)

 

 

頭こそ大きくはなっていますが

可能な限り

R8000のレバーの寸法に近づけているようですね!!!

 

太さは5700のレバーとか使った事ある人なら問題ない程度だと思います

 

 

コレならば現実的に

「使える」

レバーになるのではないでしょうか!!?

 

 

ディスクロードに乗り換えの際に

油圧ブレーキにするデメリットもコレでかなり減る気がしますね

 

 

もちろん

最高なのは電動油圧レバーですが

(9070メチャメチャ軽いッス)

 

予算的に、パーツの載せかえでという方は

このレバーならいけそうですよ!!

 

シマノの努力が見られる

ST-R8020

 

ディスクロードデビューの

手助けになりそうですね!!