【里帰りOH】LOOK695エアロライト 【いまどきの内装ハンドルとの相性を考察】
by: 野澤 伸吾

 

ほんの一昔前はブレーキアウターは

ハンドルの下側でバーテープの下に這わすもの

1-2F2A5642

↑ですのでハンドルの全幅と

テープのない範囲のバランスは上図でしたね

 

 

 

しかしそこにカーボンハンドルが一般的になり

かつまた カーボン製をアピールするため

2F2A9822

↑美しいカーボン柄&ロゴを見せたい!

 

 

そうなってくると・・・・・・

 

アウターはテープで押さえ難くなり

 

 

次世代の製品は穴をあけて内部に通したり

あるいはトンネルを作って通す

などの進化をメーカーは造り出してきましたね

所謂・・・内装ハンドルの誕生です

 

 

 

結果的にバーテープをハンドルの

真ん中へんには巻かないスタイル!

 

 

2F2A2021

そして エアロハンドルの出現!!

 

2F2A2532

究極にCD値をそぎ落とした形状・・・

 

 

1D8A2681

↑もはや アウターケーブルは邪魔者?

隅に押しやられ 出口後の自由度は奪われました

 

さて ここで当該日記のテーマである

LOOK 695 エアロライトのオーバーホール話

に戻りますね・・・

1D8A3609

↑里帰りした695が三年ほど使い込んだ

標準品【LOOK付属品】のブレーキアジャスター

 

折角の里帰りOHですのでブレーキの引きを軽くしたい

 一工夫しようと 考えます

 

うーん 内装でない昔ながらのALハンドルなら

この標準品でもいいのですけど・・・

↓ 素敵なカーボンハンドルなので出口間隔が狭い

2F2A3028

↑ 考察中の図

標準品をやめてシマノ純正のアジャスターを

ステム下側穴に突っ込む計画

2F2A3839

↑ まあまあ いい感じの曲線で収まりました

この位置なら 走りながら調整もできそう

Di2ジャンクションはこの位置に変更

操舵時にアウターを押さない位置です

1D8A3605-001

↑副産物として インジケーターも見やすいですし

走りながらブレーキタッチも調整できそう

 

 

 

後ブレーキはね・・・

 

2F2A3835

リヤブレーキのアジャスタはBB下に

走行の汚れがつきやす場所ですが

オーナー様はキチンと掃除をされる方ですので

ハンドル周りのスムーズさを優先しました。

2F2A3833

そんな 相棒の復活

週末の納車が楽しみです

by野澤