【軽量クリンチャー】軽量&最速は一体どれなのか?【ヒルクライム】
by: 石川康輔

 

軽さは正義

時代はいつもそうです

 

ただし、最近は「重量」だけではなく「路面抵抗」

重要なファクターとして語られていますね

 

それを含めた軽さを色々なところで実験、議論されているのですが

 

走行フィーリングという物は数値化できません

 

やはり、実際に履いて走って

気圧を色々と試した結果

最高のタイヤとして自分自身で認める事ができるんだと思います

数字はあくまで買うための動機でしかないわけですね

 

 

志木店でも

各メーカーの軽量な23Cクリンチャータイヤを扱っているのですが

 

どれもオススメ!

 

どれが本当に優れているのかは

皆さんのご判断に任せるほかありません・・・・・

 

 

 

 

というわけで!!

 

志木店オススメ

軽量クリンチャー!!

 

 

ご登場!!!

 

 

俺だ!俺だ!俺だ!

DSC_0758

 

 

 

 

 

まずは国内の強豪がこぞって使う

 

CONTINENTAL

GP SUPERSONIC

DSC_0761

 

 

¥7,400+税

 

レースで無類の人気を誇る

コンチネンタル最軽量タイヤです!

 

カタログ重量は

23Cで175g-185g

です

 

 

ブラックチリコンパウンドを採用しており

高いグリップ力と低い摩耗抵抗となってますね

 

このタイヤはもう定番ですよね!

 

 

続いて

PIRELLI

P ZERO VELO TT

DSC_0760

 

 

¥6,900+税

 

モータースポーツで培った技術をロードバイクでも!

新規参入のピレリが軽量タイヤもラインナップ!

 

 

カタログ重量は

23C、165g

 

 

モーターサイクルでの豊富な経験から

タイヤの変形をコントロールする事で

路面へのパワー伝達能力を最適化!

スマートネットシリカ採用で低い転がり抵抗、高いグリップを両立!

 

 

 

PANARACER

GILLAR

DSC_0759

 

 

¥6,200+税

 

超軽量タイヤでありながら

耐パンク構造を採用した話題のタイヤです!

 

カタログ値

23C、160g

ですが、計るともっと軽いという噂も・・・・・

 

 

パナレーサー最軽量でありながら

プロタイトベルトにより耐貫通性能を有し

グリップは従来のレースタイヤと同等

転がり抵抗は20%削減

夢のようなタイヤですね!

 

 

 

 

ククク・・・・・・

 

 

忘れてはなりません!!

あのタイヤ!!!

 

出ました!

最軽量登場!

 

 

 

 

BRIDGESTONE

EXTENZA R1S

DSC_0763

 

 

 

¥6,300+税

 

世界のブリヂストンが本気で作った最軽量クリンチャータイヤです!!

 

 

23Cで145g!!

 

 

重量に関して

際立って軽い

正に最強のタイヤでしょう!!

 

 

 

もちろん、ただ軽いだけのものをブリヂストンが作るはずも無く

 

高密度ケーシングにより軽量でありながらも

パンクのリスクを軽減!

グリップ性能、低い転がり抵抗も

ブリヂストンが目指す領域で実現しています!

 

 

 

 

軽量で、高速なこれらのタイヤは確実に武器になります

ですが

レース本番でいきなり使うのは難しいと思います

 

素晴らしいタイヤも「セッティングが命」ですし(空気圧)

最初に言ったように

フィーリングが合わなければ結果に結びつかない事もあります

 

目先の

数値も大事ではありますが

まずは一本試してみませんか?