志木大宮SR開催報告 【ダンシング講習】    初歩!
by: 野澤 伸吾

 

本日も朝早くから

R0140047

満面の笑みで御参集の皆様!

日曜の早朝なのにありがたいです

R0140014

今日は↑ A組も彩湖周回でした。

青いワイズロードジャージがほとんどですね。

R0140025

↑ 来週の全日本ロード参加、植竹選手も最終調整に!

 

R0140030

↑いつも練習強度を押し上げるお二人さん

R0140032

↑ 『いや それは こっちです』とか言っちゃって

お互いに指差してるし。

R0140040

↑ Sちゃんは 違うチームでした

またきてねー♪

 

そんな 笑顔に囲まれ記念撮影

R0140055-001

2018富士ヒルクライム 

女子総合順位 1位と2位が一緒♪

勿論 おっちゃんたちは 楽しいです。

【ついていくの大変だけど】

 

 

 

さて・・・・・・サンデーライドはいくつかの班に

テーマ分けされて実行しています

 

 

 

 

R0140068

↑ 今回 野澤班はダンシング練習会です。

 

実はこの・・・・・・

R0140231

↑ 増田選手・・・・・・

ダンシング怖くてしないらしい

カフェで妻が聞いたと 

 

 

あたし ダンシングは怖くてしないんです

 

 

 

なにゅ?ええっ?

 てことは富士ヒルのときは?

 

 

 

ずっとシッティングです

1時間12分を?!  げげ。

 

↑ 講習前の御様子

★怖がりながらも立ってもらいましたが

 体重を使うダンシングの利点が生かされてませんね

これは 単なる立ち漕ぎですな

 そこで・・・・・・

 

R0140070

  

 

プログラムは・・・・・・

【何故 ダンシングが怖いのか?】にフォーカス

 

怖い→やらない→技術向上しない

のマイナス回路から脱却を考えたのです

 

 

R0140071

↑ 地面にテープを張りました。

自転車の前輪と後輪を結んだ線分

その線分の上で前位置  後位置をキープして

滑走してまらいました【漕がない】

 

R0140073

↑まあ  これは出来ますよね。

二輪間の線分と体の重心関係を意識しながら

 

最初は前か後の固定で滑走し

連続で切り替えてみます

↑ 前後に尺取虫みたいに動いて!

漕がなくても進みます。 

これも前後だから簡単。

 

 

 

R0140110

↑じゃあ 今度は左右にバイク倒してみます

片手は伸びてブラケット押す 反対手は引く

ちょうどアーチェリーの手の動きみたいに

R0140111

ハイ その姿勢で滑走します 漕ぎません惰性

体の芯は 二輪の線分に直行する意識

★上手く体重が一致するとタイヤのサイドウォールの

ノイズがコオオオオオオと聞こえますね。

R0140121

↑ 静止している状態でもイメージ通りではないので

R0140118

↑ うまく 重心を線分に載せるのは難しい

この傾けての 滑走は

ダンシングのストップモーションなんです

この滑空ができないのに ダンシングできる訳ない

R0140115

↑ 出来る方はできますね

R0140143

↑ タイヤサイドウォールのノイズは大切

軸足がキチンと加重できてるかどうかの分かれ道

 

 

R0140137

↑この 意識付けに時間を掛けます

片側ずつ出来るようになったら・・・・・・

 

↑ 今度は停止状態で 左右をバトンタッチ

 ★押しては パー です掌で押す。

R0140155

 

↑ いよいよ 走りながら左右を入れ替えてみます

ゆっくり ゆっくり 左右に

だんだんその テンポを速めていきますね。

 

↑先ほどの坂を登ってもらいました

 

90分前よりは 

ダンシングになりました

 

 

勿論、これは入り口であり

坂の場合は 前後位置やBBからの高さも大事ですし

ダンシングとしては未熟でありますけど。

 

 

 

講習後に聞きましたら

 

ダンシングって 楽しい

と 言ってくれて 居残り練習もしたそうです。

 

大切なのは 怖いからやらないの悪循環から

 

楽しいので 練習してみようへの転換!

 

 

すぐ みんなは綺麗なダンシングを見せてくれるでしょう

 

さすれば・・・・・・

アタックのダンシングや

坂道で休息したり筋肉切り替えるダンシングも!

 

はい 来年の富士ヒルがいまから楽しみです

by野澤