【FD破壊行為とは】 シフトを間違えると壊れます 実例
by: 野澤 伸吾

 

本日のサンデーライド参加の

K君 14歳!!

R0180115

↑坂道でフロントシフトしたら

 

『FDの羽がクランクに当たるようなった』

  

どうやら彼は

アウター→インナー操作を

坂道途中で

思い切り踏んでいる瞬間にシフトしました。

 

 

R0190002

↑ FDの外側羽が大きく外側に歪んでいます

R0190003

↑正面から見ても 大きく歪んでいます

何者かが押し曲げたようです。

 

 

 

なんで 曲がったのか

誰が曲げたのか

 

R0190004

↑この画像はペダルを微力で保持して

横方向に2kgの力で引いた状態です。

チェーンが大きく曲がるのが見えますね。

 

 

R0190005

↑こちらの画像は

後輪を押さえながら 

ペダルを軽く押した状態です

同じ2kgの引く力でも

チェーンは真っ直ぐのままです。

 

強くペダリングしている時

チェーンは柔軟性を失い

固く一直線になります。

 

 

まるで 一本の金属棒のように

その状態で フロントチェンジをすれば

とても強い横方向の力がFDの羽に掛かります。

 

当該案件のFD羽を曲げたのは

 

固いチェーンに押し付けた

クランクの回転力

 

あっという間に曲がるのです。

 

 

K君はいつも坂道の途中

インナーに変速していたようです

 

 

 

望ましい手順は

坂道の手前でインナーに変速しておく

 

その為には事前に後のギヤはトップ側にシフト

【そうしないと平地でケイデンスが異常に上がっちゃう】

 

 

RD重くする次の瞬間 FDを軽くする

 これが 所謂、ダブルシフト!

 

 

 

フロントだけ単独で変速するのを

 ベテランはしませんね。  

 

 

 

 

もうひとつ コツがあります。

それは・・・・・・

 いつシフトボタンを押すか!!

 

 

R0190006

↑ この位置にペダルがある時にシフトしましょう

クランクを時計盤にたとえると10時くらいです

 

 

 

R0190007

シフトしちゃダメなのは

このペダル位置

 

クランクが3時くらいで最大踏力の!

 

そうです チェーンが固い瞬間です。

 

 

 

★最初のうちは 意識的に

足【ペダル位置】と手【シフトする指】を

同期させるので 面倒ですけど

 

 

 

いつも いつも やっていると

そのうち 無意識で同期するようになります

 

 

 

コンポメーカーが開発努力し

昔に比べると 簡単になったフロント変速

しかし まだ操作には慣れと努力が必要です。

 

 

 

 いつも無理なフロント変速をしていると

徐々にFDの羽内寸が広がってしまい

変速レスポンスが悪化しますので御注意ください

 

by野澤

 

【その他 御同輩のお悩み相談参考書】←クリック!