【スタッフ自腹インプレ】今更ですがSPEEDPLAY試してみた【ZEROステン】
by: 石川康輔

 

 

 

グリーンのスピードプレイはいかがですか?

 

すみません

先月ご紹介させていただいた

スピードプレイゼロステンレス限定のグリーンカラー

買いました!

 

DSC_1300

 

 

通常の物より高いですが買いました!

在庫は通常ラインナップのカラーはございます

 

通常のSPEEDPLAY ZERO ステンレス

¥22,800+税になります

 

 

 

個人的なシーズンオフを迎えた石川です

 

特別ストイックに練習に取り組んでいたわけではありませんが

乗鞍を終えた事で精神的にも機材的にもゆとりが生まれたので

 

色々と試したかった機材を

実際に使ってみようと思います

 

この秋

輪行ツーリングを何回かやりたいなと思った時に

今のTIMEペダルよりも更に歩きやすいペダルがそういえばあるよね

 

という事で

SPEEDPLAYのウォーカブル!!

 

今日雨の中

通勤で

走ってみたファーストインプレッション

DSC_1437

 

 

 

まずは

 

 

本当に歩きやすい!

 

 

ウォーカブルのグリップも程よくきいて

アスファルトの上では安定して接地することができます

 

DSC_1438

 

 

TIMEクリートとの比較でしかないですが

TIMEのクリートの出っ張りだけで歩く感じから

SPEEDPLAYはクリート全体を地面につけても大丈夫なので

 

ビンディングシューズとしてはかなり普通に歩けるようになります

 

 

 

ウォーカブルの中身に

SPEEDPLAYの命ともいえる大事な機構が

 

DSC_1439

 

ちなみにクリート位置は

前後位置とQファクターの調整を

個別に設定できるので非常に簡単です

 

 

 

このペダルの核になる部分ですが

他のペダルは

ペダル側にクリートをキャッチする機構を持たせているのですが

 

このペダルは逆で

クリートがペダルをキャッチする

という構造になっています

 

 

 

構造上バネの強さは調整できませんが

 

ペダルの遊びを任意で調整できる為

自分の求めるペダルに調整する事が可能です

 

 

今までのバネの強さでクリートを押し戻す感覚はなくなり

負荷無く足を遊ばせる事ができます

その為

思った以上に足が動くので

最初は少し範囲を狭くした方が良いかもしれません

 

 

自分の場合は ↓こんな感じ↓

DSC_1443

 

 

ペダリング中

ヒールINはしないので少しタイトに

ヒールアウトは癖で結構するので(というよりトゥーINを)

若干余裕を持たせました

 

 

このように

自分のペダリングの癖を

クリートの設定に反映する事で

膝に負担をかけない事が

このペダルの最大のメリットです

 

 

 

デメリット?

TIMEのペダルがものすごく着脱しやすいので相対的な比較になりますが

SPEEDPLAYは比較的硬い印象です

 

DSC_1441

 

 

 

クリートのベースプレートに隙間が無いように付属のスペーサーを上手に組み合わせて

セットアップするのですが

コレが非常に難しい

後はネジの締め込み具合が適切で無いと

それだけでも硬くなってはまらなくなるので

一番最初が一番難しいです

家で調整している時は本当にこんなの使えるのか?と思うぐらい硬かったですが

説明書とか読みながらしっかり取り付けしたら何とかなりました

 

 

TIMEに慣れすぎていた為

クリートは足を乗っければ勝手にはまる物だと身体が覚えてしまっているので

久しぶりに体重をかけてガチャっとはめるのに少し戸惑っていますが

慣れればなんてこと無い程度でしょうね

 

 

というわけで

二代目XXXシューズは

しばらくSPEEDPLAYで使う事になりました

DSC_1442

 

 

 

SPEEDPLAYを選ぶ

理由のもうひとつとしては

ペダルが小さくなることです

 

DSC_1446

 

 

輪行時に袋詰めをしたりする時も

邪魔になりにくいのではないかと

 

 

DSC_1447

 

 

丸いのでぶつかっても問題ないですし

 

ペダルそのものはそうそう壊れるとは思えないので

輪行でぶつけたりしても

長距離を走っていて何かあっても

ペダルは壊れないだろうなという安心感

 

 

今後

しばらくは使ってみますが

最終的にどのペダルを使うのか

または、どう使い分けるのか

 

 

機会があればお話します