【2018年冬ウェア】今年のトレンドは?裏起毛、防風、短い「冬用レーパン!」
by: 石川康輔

 

寒いのか暑いのかが微妙な今日この頃

少し肌寒い感じでしたが

明日は一転

30℃ぐらいの最高気温と蒸し暑い予報

 

 

季節の変わり目は

ウェアの選択が難しい!!

夏レーパンだと寒いし

かといって

冬用のタイツを履くと余計な汗をかくし

 

 

丁度いいのないでしょうか?

 

 

はい

こちらが

今年流行間違いなし!

冬用の

レーパンです!!

DSC_1513

 

パールイズミからは

ウィンドブレークライトビブパンツ

 

¥14,800+税

→¥13,320+税

 

 

パールイズミの伸縮性の高い

防風素材を採用した

レーサーパンツです!

 

薄めの裏起毛に防風で

体温が暑くなりにくいように考えられています

DSC_1515

 

 

 

夏用レーパンとも

冬用タイツとも違う新たなジャンル

 

 

なぜ、イチオシなのか?

 

 

 

そのまま履いても体幹が温かいので

秋口ぐらいからしばらく使えますし

 

「ウォーマー」との組み合わせ次第では

冬でも快適に走れるように

 

 

 

たとえば

生足では少し厳しくなってきた時に

 

「ニーウォーマー」

 

にするか

足首まである

 

「レッグウォーマ」

 

にするか

という選択ができます

 

夏用レーパンでも同じ事が言えるのですが

夏用は涼しくする為の設計の為

胴体から太ももの付け根辺りまでが寒く

足だけ温かいウォーマーをとなってしまい

体幹が保温されずにアンバランスな感じになっていました

 

 

 

それが、ウォーマーと同等以上の保温性を持ったレーパンにする事で

今までよりもバランスの取れたウェア選びが可能に

 

 

それだけではなく

「防風性能も備わったウェア」の為

冷たい風の吹く冬でも耐えられる設計に!!

 

レッグウォーマーも

 

「ストレッチの効いた

裏起毛タイプ」

 

 

「防風性能の高い

真冬向け裏起毛」

 

に大きく分かれます

 

 

好みやその日のコンディションに合わせて

コレもまた選択できるというメリットが!!

 

 

足首まであるタイツは

二着、三着と気温ごとにそろえると

非常に高価な物になりますが

コレならレーパン1つに

数千円で手に入る「ウォーマー」を必要に応じてそろえるだけと

経済的でもあります!!!

 

 

毎度自分で選ばなくてはいけない為

「玄人好み」なところも多少はありますが

今までとは違ったスタイルで選べる

冬用ウェア

 

 

今年はコレでキマリでしょ!!