【社内試乗会】大気切り裂くCERVELO S5 DISC !
by: 田中 伸也

 

 

Shot with DxO ONE

 

CERVELO ’19 S5 DISC

商品の詳細はこちら!

 

 乗りました!

ハンドルの真ん中に

穴あいたサーベロ!

 

 

 

 

 

2019年は

TEAM SUNWEBの

バイクとなるサーベロ

 

 

個人的な第一印象は

厳つい「S」が帰ってきた!

 

BB回り25%

ヘッド回り13%

の剛性アップ

 

これはアップデートの域を超え

ほぼ別のバイクに感じる値。

 

S5 Disc Ultegra Di2 R8070 完成車

¥1,150,000 税抜き価格

写真は試乗車仕様のホイールで

標準仕様は

DT Swiss PRC 1450 Spline 35 Discとなります。

 

 S5 Disc フレームセット

¥590,000 税抜き価格

Shot with DxO ONE

走り出しは

 

ディープホイールのおかげで

バイクが勝手に走り出す感じ、

 

振動吸収性は

昨今の他社トップモデルと同等クラス

ハンドリングのクセは

感じられずナチュラル

 

コーナーリング中のグリップ感も

上級モデル然とした安定感

 

 

前作S5の優しさに似た

印象は感じられず、

 

踏めれば何処の速度域でも

同等の加速が望める感じの

ソリッド感。

プロバイクらしく

硬い。

 

されど

硬いと思わせながらも

ペダルを踏み続け(させ)られる感は

V字状ステムと

ディスクブレーキ化も含めて

業界トップクラスの

エアロダイナミクスと

入力されたパワーを

スピード化する

絶妙なパワー効率の

成果物と思われ、

結果、

速い!

 

試しに土手の下り坂の加速最中から

ギアを掛けての上乗せ加速でも

腰を後ろから押されたような

素早い反応で加速!

久しぶり、新鮮に感動!

前作S5より

上手の走りは保証されているとはいえ

想定以上。

 

Shot with DxO ONE

 

初見のバイクゆえ

そのフレーム剛性は

ライダーに

スキルとパワーを要求してくる

感想になりがちですが、

ペダリングのタイミングが合えば

プロでなくとも、もっと

スムースに、楽に走れると感じます。

 

そんな、

ちょい気難し屋さんを

なだめて乗りこなす味わいと

 

サーベロ社の最新テクノロジーを

与えられたS5でしか味わえない

その瞬間を楽しむ快感、

その美しいディティールを肴に

家呑みの贅沢も

また最高ですね。

 

 

Shot with DxO ONE

 

今回出展いただきました。

取引先様

本年もありがとうございます。