【PINARELLO】DOGMA F10 X-LIGHT インプレッション
by: 田中 伸也

 

 

S__12247083

 

全国のピナレロファンの皆様

お待たせいたしました。

DOGMA F10 X-LIGHT

(以下X-LIGHT)

インプレッションお届けします。

 

 

F10 とX-LIGHTの違い。

 

F10に比べて軽量で

フレーム剛性はF10と

同等というのが

カタログスペックの記述

(53サイズで60g軽量)

 

しかし

F10とX-LIGHTのフィーリングは

イコールではない。

メディア系インプレでも

そうでしたね。

 

 

 

第一印象、

 

F10と比較して

どうもタイミングが違う。

タイミングがずれるので

F10のような

切れ味鋭い加速にならない。

 

パワーメーターの値は意外にも

パーンと跳ね上がり易いが

タイミングが合わないために

持続できない。

 

 

巡行走行はK10のような感じもあるが

剛性の高いバイクに乗り替えた時の

疲れ方も感じる。。。

 

時折、F10のような、

それより楽な感じの走りもする。

 

クライミングは概ね好感触

 

????????

 

軽量な分

F10より剛性は若干だが

緩いのか?

でもなんかおかしい?

というのが第一印象

 

 

その後

先日の碓氷峠ロングライド

サンデーライド

通勤

休日のライド等を経て

F10 X-LIGHT

への慣熟走行も充実し、

そろそろ

いい感じになりました。

 

 

 

先日

ピナレロジャパンの担当の方から

聞いた話では

「フルームはX-LIGHTの方が

硬いから

好んで

乗ってるみたいですよ。」

 

 

これを聞いて

X-LIGHTの方が硬いのは確定!

 

自分の中で

整理ができました。

 

X-LIGHT

というバイク、

今まで自分が乗ったことのない、

 

極めて硬いバネ感のあるバイク

 

 

単位容積当たりの

剛性比がF10より

高くないと

同じ形で軽量に

仕上がらないと

考えられます。

 

F10より高い剛性感を持ちながら

軽量な分、薄肉のフレームは

若干のバネ感が発生する

だからF10と異なる

フィーリングになると

考えられます。

 

 

 

という定義をすると

今まで感じたバイクの反応について

自分で納得がいきます。

 

X-LIGHTと

タイミング合うにつれ

 

加速もF10と同等に、

巡行走行もK10のようなほのかな

タメがあり持続しやすく、

ダンシングはF10より軽く、

クライミングは特に

F10より軽やか、

 

ダウンヒル、ハンドリングは

はF10と同等というか、

DOGMAそのもの

 

結論は

F10より楽で速い、、、

 

 

 

DOGMAに乗り慣れている事も

あり、

X-LIGHTに乗る前に

思い描いていた理想象

がありましたが、

 

それを

超えたバイクでした。

 

すでに定評ある

DOMGA F10。

 

対して、

X-LIGHTの性能は

副産物なのか、

狙って設計したかは

わかりません。

 

自分的には

試乗会で結構、

トップモデル乗ってますが

 

自分の認識外の

フィーリングのX-LIGHT

 

改めて

カーボンバイクの

進化に感動し、

新鮮な気分です。

 

 

 

 

PINARELLO

DOGMA F10 X-LIGHT

フレーム

¥900,000+税

基本ご予約でのオーダーとなります。

 

ご相談ください。

 

 

S__12394506