facebook twitter facebook 旧ブログサイトはこちら

【センサー】電池切れ大丈夫ですか?アラートが出たら交換しましょう
by: 上山翔

DSC_0796

上山はPioneerのパワーメーターとガーミンのスピードセンサーを使っています

 

 

パイオニア、ガーミン共にサイクルコンピューターに電池残量が低下してくると

 

 

電圧が低下しました。

とアラートが出てきます

 

 

電圧が低下してくると

パワーやスピードの測定値が不安定になってしまうこともあります

 

 

今回上山は2週間電池を買うタイミングを逃し続けていたところ

 

 

今度はガーミンのスピードセンサーも電圧低下したとアラートが出てきました

 

 

まずはパイオニアから

DSC_0797

右の電池カバーを外して中の電池を交換

DSC_0798

左側ですが真ん中の溝をコインなどで開けるタイプの蓋になりますね

 

 

 

 

普通にお財布から10円玉を出してくれば開けられます

 

が、

 

上山に教えてくれた人はコインは使いませんでした。

なので上山もこのコインドライバーを使います

DSC_0801

お店に常備してますのでご安心ください

 

 

次にガーミンのスピードセンサー

DSC_0799

ハブ巻きつけタイプですので外して

DSC_0800

カバーを外し本体を出して電池交換をして終了!

 

 

上山が使った電池は

 

Maxell社製のCR2032

志木店には常に在庫してありますのでいつでもご来店ください