【志木カスタム工房】 富士ヒル直前ですがDi2にチェンジしたいLOOK795里帰
by: 野澤 伸吾

 

look7954441256-1

3年ほど前に納めたLOOK795が

里帰りなされて・・・・・・

今週末の富士ヒル Di2で走りたいんです!』

 

 

 

 

おお・・・・・・時間無いけど

そのお気持ちを大切にしましょうってんで

速攻に組み替えオーバーホール

 

折角なんで旧型LOOK795の組立てのコツを公表

 

注 かなりの地味ネタです

LOOKに無関心な方はスルーしてください

 

 

↑795バラすときにヘッドパーツがね

上図の【ベアリングホルダー】の外し&取り付けが鬼門

おフランス様が設計する部品は楽しいですなあ。

隙間に小さいマイナスドライバーいれてコジルと壊れます。

 

後ブレーキ&RDのアウターは

事前に引っ張って除去しておきましょう

 

 

2F2A0787

↑今回はDi2チェンジなので楽チンです

ブレーキはアウターにシフトワイヤーを通して

例の部品を組み込みます

 

2F2A0788

↑後からアウターを挿入します

2F2A0790

↑アウターの端部にはシフトワイヤーのデンデンがあり

2F2A0789

↑ワイヤーの先端はRBR出口に入れといて

後から引っ張れば スルスル入ります

795ライトはRブレーキの配管が出来れば後は楽勝

 

2F2A0791

↑ 二年目の795からはこのアウター補強のゴムが

2F2A0792

↑この部分に新設されたので

アウター折れが少なくなりましたね。

 

2F2A0793-001

↑ LOOK695の初年度は

フレームにステムが付いた状態で搬入されていましたが

いつの頃からか ステムが別箱での搬入になり

エアロステムの側面の蓋がツライチにならなくなりました

上図の三角錐形の臼の側面を少し削るといいですよ。

初期モデルはこのように削ってありましたよねえ。

2F2A0794

↑少しづつ削っては 締めこんでの繰り返し

をしなければなりませんけど

ここの蓋が ステムの側面にツライチでないと

かっこ悪いと思います。

 

 

2F2A0795

 

↑ハンドルをクランプするこの部品

上図のようにナンバーが刻印されているのが

強化対策品ですね。  この対策品

2F2A0797

↑開く方向のバネ力が強くて

 

2F2A0798

↑この開いた状態を指で押しながら

ボルト入れるの・・・・・・辛いのね。

握力頼みだと かなり大変。

2F2A0802

↑これは 前職で使っていたクランプ

二十年物です。

2F2A0799

↑こいつで バチンと摘まんで

2F2A0801

↑あとは 上下の穴をチロチロってあわせりゃ

もう 簡単デース。

 

2F2A0809

 

↑アウターの傷防止ゴムをね

切って薄くします 

で・・・・・・

2F2A0810

↑Di2配線に(先に)通しておけば

2F2A0811

↑ブレーキアウターにスッキリと寄り添います

・・・・・・コレをタイラップとかでやるよりね。

 

そんなかんじで

今回の795も スッキリとした

ハンドル周りで完成。

2F2A0812

 

↑ワイヤリングは

YsRoad志木店イチオシの

ニッセン ブレーキワイヤーでバッチリです。

ハンドルはシマノPROのVIBE

 

2F2A0815

↑VIBEに ガーミンのノーマルブラケット

ほんのチョイ加工したら 無理なく付きました

勿論、ハンドルはセンターに付いてますよ。

 

そんな感じでギリギリ 富士ヒルに間に合ってよかったです

 

目指せ! シルバーリング!!!

 

by野澤