チェーンが伸びる本当の理由と だからこそ おススメの洗浄方法
by: 野澤 伸吾

 自転車のチェーンは使っていると

伸びまして・・・変速フィール悪化や

酷いと駒跳び現象も起こりますね。

2F2A5487

 

なんとなく 『伸びる』 

伸びた』と言ってますけど

 

 ハッキリと細かい解説が見当たらないので

チェーン伸びの現場をミクロな視線で見てやりましょう。

2F2A5492

↑ 左が3000kmほど使用したもの

右は新品です。 ばらしてみました。

アラっ! と意外だったのは

2F2A5495

 

↑ 古いチェーンは分解した瞬間に

インナープレートとリングはバラバラになりましたが

新品は上図のように組み立て状態を保っています。

摩擦してないから ピタッとしているんですね。

 

さて・・・・

2F2A5496

 

↑新品インナープレートの穴外~外寸法は

16.25mmです。

2F2A5497

 

↑使用したインナープレートは16.30mmです。

 

ここの穴はシャフトに対して常に回転していますので

摩擦して穴径が大きくなったのです。

僅か0.05ミリではありますが

50倍すれば2.5mmです

 

2F2A5500

 

↑同じ寸法を アウタープレートでも

2F2A5501

 

測ると 新品も使い古しも変わりません

 

 

アウタープレートに対して

シャフト固定されていますから

そこに摩擦は生じません

 

これは まあね 当然であります。

 

 

 

念のため各プレートの外寸も測りましたが

勿論、新旧で変化はありませんです。

 

 

 

そうです 

この小さな鉄板は人間の脚力などでは

引き伸びたり 変形しません。

 

 

 

2F2A5502

 

↑リングの内径も測ってみますと

新品が うーん 6.125mmですか

 

ノギスのバーニアメモリでは

っきり断言できませんね

 

2F2A5503

↑ でもまあ 使用品のリング内径は

6.15mmとハッキリ見てとれます。

 

 

 

シャフト自体も細くなってる筈

ですけどノギスでは差を計測不能でした 

 

 

 

 

一台のロードバイクチェーンは大体110リンク

インナープレートは55セットほど使われて

 

僅かずつの磨耗から累積した変位であることは

明確であります。  そして

チェーンメンテナンスの大切な方向性は

 

【互いが擦れ合うシャフトとリング&インナープレート】

 

 

チェーンの内側を

清掃し金属塵を排除し

極力、磨耗を防ぐこと

 

 

 

 

長持ちの秘訣です!!

 

 

結論

チェーンは伸びるているのではなくて

内部が削れてしまう事なのだああああぁ

 

 

 

それじゃあ  どうやって洗うかです!!

 

↑ 一般的なパーツクリーナーと水無し洗浄

比較動画 

 

↑ どこを綺麗にし、その後の内部の環境は?

 

内部の金属破片で汚れたオイルを

揮発性のある第一石油類で洗い流しても

内部に留まったクリーナーがあれば

後に塗布するチェンオイルとは相性が悪いです

 

 

 

ワコーズ チェーンクリーナー(第3石油類)

    ↓

マルチフォーミング(流れ落ちる弱アルカリの水分)

    ↓

ラスペネ (水置換)

 

この三段階でアナタ様のチェーンもバッチリです

 

by野澤