【志木カスタム工房】コンポーネント洗浄の実際【フレーム載せ換え時】
by: 野澤 伸吾

 

本日のYsRoad志木店カスタム工房は

フレームの載せ換えでございました。

 

 

元フレームに搭載されていたのはアルテ6800シリーズ

2F2A5559

時にはロングライドで雨に遭遇したり

2F2A5560

地面から前輪が巻き上げる埃に

チェーンが晒されますとオイルと混ざり

粘土状の汚れが溜まっていきます

2F2A5561

そうすると チェーン駆動の抵抗になったり

シフトフィールの悪化につながりますので

 

↑ひとつひとつ洗浄します

 

 

 

2F2A5620

↑やはり新しくピカピカのフレームには

綺麗なパーツが

2F2A5622

似合いますねぇ。

 

 

このフレームはヘッドチューブからシフトライナーが

内蔵されるのですが 構造的に途中で途切れますので

RD直近からブレーキ用の太いライナーを通し

BB少し上ではまり込み連結しました

そうすれば 次回のワイヤー交換が楽ですね♪

 

 

2F2A5563

 

↑フロントチェンリングの清掃も重要です

インナーからアウターにあがる際には

【シフトアップポイント】に

チェーンが掛かる必要があります

 

↑ですので チェーンリング裏側の状態が大切です

2F2A5611

クランクが綺麗だと変速スピードが上がりますよ。

 

↑ブレーキ本体は 完全分解が望ましいですが

ワコーズの水無し洗浄なら 

このようにローラーも綺麗にできます。

ブレーキタッチのゴロゴロ感が改善します

2F2A5615

 

スポーツバイクの高性能は

無駄をそぎ落としていく引き算

で成り立っています。

機械的損失を少なくする為

安全性を確保する為にも

 

チェーン周りは日常的に清掃することを

おススメしております。

 

by野澤