facebook twitter facebook 旧ブログサイトはこちら

【旧型KHAMSIN】 フロントハブ分解のコツ
by: 野澤 伸吾

 本日の志木店カスタム工房

 

 

カンパニョウロの下位グレードホイールは

シールドベアリングです

【単列深溝ベアリング】

現行のカムシンは親切な設計ですけど

旧型のフロントはちょっと厄介です

2F2A7681

一見なにも工具が入らないように見えますので

カムシンG3ホイールのハブ分解方法を記します

 

 

 

↑フロントの蓋はこの

小さなCリングで止まっています。

 

 

老眼だともー大変。

凝視しないとその存在に気が付かないし

DT スイス系みたいに思い強引に蓋を引っ張る

大変な事になりますね。

 

 

S__16760837

念のため 二人がかりです。

Cリングを広げる手 こじる手

リングが飛んで行かないように押さえる手

この Cリングがびょーんと飛んだら大変ですね

S__16760842

↑ここまでズレれば 一安心。

もうね・・隙間が狭いのよ。

 

2F2A7683

↑私は強いタイプのスナップリングプライヤーを

削って 工具のほうを合わせました。

小型の弱いものだと難しいですね。

 

2F2A7682

↑この溝に Cリングが嵌っているわけですね

 

さて  今回は

ベアリングが健康なら交換せず

グリスアップのオーダーですので

2F2A7686

 

嵌ったままの状態で外側から

ヂュラグリスをグイグイ足して満たしていきます

向こう側にはシールが無いんです。

その後 シールをはめて・・・・・・

2F2A7692

シールの上から

WAKO’S/ワコーズ タフグリースを

たっぷり塗って

2F2A7693

↑カバーから ブニューと溢れるくらい

 

タフグリースはワコーズの誇る

耐塩水グリースです ←クリック!!

 

2F2A7698

Cリングを元に戻すのは

2F2A7700

簡単なんですよねー

 

地味なネタですいませーん

 

by野澤