【今日の志木カスタム工房】デ ロッサ ANIMA 組み立て・・・・・・
by: 野澤 伸吾

 

2f2a4949

DE ROSA のチタンフレーム

アニマを組み始めました・・・・・・

って 意味らしい  ANIMA

 

 

で  ディスクブレーキなのです。

てことは

2F2A7779

↑この油圧ブレーキラインが・・・・・・

ヘッドチューブ正面から内装します

2F2A7781-001

↑ここね。

 

まあそれは かっこいいんですけど

そのあとが・・・・・・

 

2F2A7782

↑こうはいってきて

 

2F2A7783

↑ ダウンチューブに向かいます

そして ヘッドチューブを横断した後・・・・・・

2F2A7790

 

↑コラムが入って来るので

2F2A7787

↑ということは  この赤丸

まるでナイフみたいなエッジになってます

もし指先を押し付けたらザックリ切れそうです!

 

 

 

 

油圧ディスクブレーキラインは

常に押し当てられて

振動に晒されます!!!!!

こりゃ まずいですね 

油圧ラインが常時 ナイフの刃に当たると同じ。

いつかは切れて・・・・・・

フルイドが漏れて後ブレーキは効かなくなる?

 

 

 

日本人基準工業製品に対する評価なら

不良品とかヒステリックに叫びそうですけど

 

 

実はそうではないのです イタリアでは。

 てかヨーロッパは特に

 

 

自転車メーカーから出荷されたフレームは素材

 

 

小売店【自転車屋】が仕上げて完成させて

エンドユーザーに届けます

最終的に完成させるのは我々自転車屋の仕事なんです。

 

 

だから このアニマを責めてはイケマセン。

 

 

 

もうすこし一般的な完成車であっても

箱から素材を出して 仕上げるシステムは同じです。

 

 

 

毎日 真剣に取り組もうと気づかされました。。。。

ありがとう アニマ。

 

ん・・・・・・

自転車屋 ダマシイ!!!!!

魂!!!!

 

そゆこと?

2F2A7805

まずは  オイルラインが通る穴を

超硬リューターで滑らかにします

2F2A7794-001

↑ 角を緩やかにR面取りすれば

指を押し付けても切れない感じ。

 

これだけでは 不安なので

2F2A7798

↑強力両面テープ付の1mm厚

鉛板をこんなふうに切り出して

2F2A7801

アウター通過部を養生してみます

これなら 大丈夫でしょう。

 

 

ちがう方法も考えましたが

ヘッドチューブ内にはスペースが極小で

これが解決策。

 

2F2A7811

BB内部には もすこし余裕がありそうなので

こんなカバーを・・・・・・追加

2F2A7813

↑BBには 胴体があるので

グイッと押せばなんとかなりそうです

 

【追記】

BBはウイッシュボーンを使いました。

中間部の筒が硬くしっかりしたアルミ製で

細いのが良いかなと思います

2F2A7818

↑よく見ると 左側の筒が太いので

左右を逆につかいます。構造的に問題ありません

2F2A7828

↑BB筒の上を通すか 下を通すか悩みましたが

下を通すほうが良いと決めました

 

まあそんな感じで

 

2F2A7816

 

↑リヤブレーキラインは通りました

 

2f2a4949

 

完成が楽しみですねええ

 

 

by野澤