【RDキャパ最大での】チェーン長さを考える。 CS11t~30t
by: 野澤 伸吾

 

9100シリーズには7800時代では

想像だにしなかった11~30tという

かるーいスプロケットが存在します。

 

RD9100の最大キャパシティは35ですので

【誤字訂正しました】

50×34と組み合わせるとピッタシ最大値で使えます。

さて その時の チェーン長さはどうしましょうか。

 

2F2A7985

シングルテンションモデルの現行は

最大チェンリングと最大スプロケにて

ピッタリの重なりから 1~2リンクで長さを決めます。

 

リヤセンターの長さはバイクによって様々ですので

上図のような 【中途半端な状態もある訳です】

今回は キャパギリギリですので気持ち長め。

1.7リンク的な感触。

 

2F2A7993

 

↑この設定ならアウターローでも余裕があって

軽く回るし いい感じでございます。

 

で 問題はBテンションなんですね。

 

インナー&ローで 理想的なBテンションだと

2F2A7988

↑インナー&3段で弛んでしまいます。

Di2はインナーでトップにはなりません

2F2A8037

↑Bテンションボルトを締めていき

 

↑【動画】ギリギリ 弛まない強さ

2F2A7987

↑ これですと・・・・・・

 

インナー&ローで

2F2A7992

↑こんな感じ・・・・・・

もちろん シャキシャキ変速します

 

ほんとはもう少し詰めたいが

 

 

 

 

以前のダブルテンションであった

RD9000ならば

2F2A8029

Pテンションスプリングを

2F2A8032

↑強いほうの穴に差し替える手もあったのですが

 

2F2A8027弱

 

RD9100ではPテンションを強めても

Bテンションに変化はありません。

 

それでもまあ

インナー時のチェーン暴れがすこーし収まるので

強くしておきました。

 

そんな感じで 納車が楽しみです

by野澤