facebook twitter facebook 旧ブログサイトはこちら

11tトップギヤで歯飛びする問題【レアケース】
by: 野澤 伸吾

 

2F2A9085-001

もうすぐ ツールド沖縄のお客様が

トップギヤでの歯飛びに悩んでいらっしゃいました

 

コンポーネントはカンパニョーロなのですが

諸事情あってチェーンはシマノです。

 

RDの設定等に問題がなく 最初は原因がわかりませんでしたが

↑アイフォンでスロー撮影し チェーンが飛ぶ様子を

コマ送りで観察すると  【上記動画の12秒付近】

IMG_3577

↑ちょうど ミッシングリンクが通過し

かつまた クランクにトルク掛かる位置瞬間に

IMG_3578

↑リンクの一コマ後方のチェーンが飛びました

 

2F2A9069

↑これは  チェーンのアウタープレート

ロックリングにはわずかに隙間があります

2F2A9070

↑シマノミッシングリンクが当たっていたので

KMCミッシングリンクに変えてみましたが

うむむ  まだ当たってますね

 

2F2A9074

↑アウタープレート外側は8.3mm

2F2A9075

↑ミッシングリンクも幅的には差はありませんが

形状が違います

【問題の位置の形状が長い】

 

2F2A9072

↑KMCのミッシングリンクは

僅かに小さく8.1mmです

しかし 形状的には長いので やはり干渉します

ほんのちょっと 削ってみました

2F2A9077

↑ 結果的には クリアランスを確保できました

 

2F2A9076

↑ トップギヤ 内側のスペーサー部分もギリギリです

実際はこちらのほうが強く当たっていますので

元凶はロックリング側ではなくスペーサー側かと思います

 

2F2A9085

 

注:カンパニョウロ 環境ににシマノチェーン

の組み合わせは正規の使い方ではなく

メーカー保証外自己責任 改造です。

 

また ミッシングリンクを チョビッとはいえ

削るのもメーカー保証外自己責任 改造です。

 

 

歯飛びトラブルは解消されました。

カンパ純正チェーンでも

社外品のリンクをお使いの方には参考になるかも

 

by野澤