facebook twitter facebook 旧ブログサイトはこちら

【からだケア】腰が痛い!!その3「実際によくみた例」
by: 高橋賀也

以前の 

の痛み シリーズを掲載です

その1 http://ysroad.co.jp/shiki/2020/03/15/44133

その2 http://ysroad.co.jp/shiki/2020/03/15/44139

その3 http://ysroad.co.jp/shiki/2020/03/15/44145

 

 

前回の の痛みその1・2は

その1 http://ysroad.co.jp/shiki/2020/03/16/44149

その2 http://ysroad.co.jp/shiki/2020/03/17/44152

 

 

 

下の画像では、よくあるフォームやポジションを再現してもらいました。

 

 

対策も書いてますが「ケースバイケース」ですので、フィッティングを受けることが前提です。

 

 

背中痛.JPG

骨盤を立てすぎてたり腰の柔軟性が低い方が

ハンドルを遠くしすぎたり低くしすぎたりすると起こりやすいですね。

 

また、尿道の圧迫痛から骨盤を立ててしまい、こういったフォームになる人もいます(サドル変えましょう!)

 

 

★対策★

過度に骨盤を立てない

腕を突っ張らない

体幹の筋肉で身体を支える

など

 

 

 

 

 

腰痛1.JPG

 

上とは逆に骨盤を倒しすぎているorハンドルが高かったり近かったりして前傾とのバランスが取れてないポジションです。

 

写真横にも書いてますが、筋肉の使い方にも問題があるかもしれません。

 

 

★対策★

体幹で身体を支える

ハンドルステムの高さや距離を変え、リラックスしたポジションに変える

など

 

 

 

 

 

 

腰痛2.JPG

 

骨盤を立ててハンドルが低く遠いと起こりやすいフォームです。

 

こちらも尿道の圧迫痛から起こる場合もあります。

背中の柔軟性が高い方にも起こりやすいです。

 

 

★対策★

ハンドル位置を変える

サドルを見直し、尿道の圧迫痛を減らす

股関節の柔軟性を上げ、骨盤を倒してもペダリングに影響が出ないようにする

など

 

 

 

 

 

 

様々な要因が考えられ、その対処もお客様によって様々です。

 

なのでパーソナルフィッティングの「バイオレーサー プレミアム」が必要になるのです!!(志木店では現在準備中で実施していません)

 

 

少しでも改善され、皆様の悩みが減り、楽しさが倍増するために役立ちたいと考えています。

 

フィッティングに躊躇されている方は、店頭でも気軽に相談下さい。

 

 

 

実際には店頭より、走行しながらのアドバイスの方がしやすいですが、なかなかそうもいかず。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

twi

 

 

HB野澤

 

MEISYA