『飛行機輪行』について
by: 新宿ビギナー館

こんにちは。

先日、しまなみ街道の日記を書かせていただきましたが、その際に私が行った『飛行機輪行』について、ひとつ書かせていただこうかと思います。

 

飛行機輪行ができると、(お金はかかるものの)短い時間で日常生活の遥か遠くまで行けるわけですが、

 

「そもそも飛行機に積めるの?」

「どんな形で載せればいいの?」

「自転車壊れないの?」

 

などと疑問点が湧き出し、

 

「やっぱや~めよ」

 

ってなってしまう方も多いのではないでしょうか。(経験談より。)

そんな方々のために、私の独断と偏見にまみれた飛行機輪行テクを羅列していきます!

 

 

 

①「積めるの?」

まず前提として、輪行状態であれば基本的に飛行機には積めます

(※機体が小さい場合、稀に駄目な場合もあり。)

しかし、航空会社によって預かり荷物の大きさ・料金の基準が異なります。

 

Ⅰ.大手航空会社の場合(J○L、A○Aなど)

チケット料金が高額な分、預かり荷物の基準も比較的優しいです。

大きさの基準は、

【200cm(例)>三辺の和】

【幅(Xcm以内)、奥行(Ycm以内)、高さ(Zcm以内)に収まること】

など。

重さは【20kgまで】が基本。

基準値以内であれば無料で預かってもらえます。

 

Ⅱ.LCC(最近増えてるのでたくさんありますね)

チケット料金が安い分、預かり荷物の規定は若干厳しめの場合が多いです。

自転車の場合は輪行状態で【無料~5000円】ほどの加算は見越しておくべきでしょう。

 事前の連絡を要する場合もあるとかないとか。。。

 

 

 

②「どんな形で乗せればいいの?」

(輪行状態であれば)どんな形でもいいです。

 

Ⅰ.輪行箱

acor-box_large

ACORのバイクポーターなどが有名。箱型なので座りの良さがポイントです。

他のブランドでも同じようなものが出ていますが、概ね一万円ほど。オプションでキャスターも付けられます。

前輪のみ、または前後輪・ハンドルを分解して収納します。

使った後の置き場に困りますが、緩衝材を仕込めば怖いものなし!

【安定性:A】

【利便性:D】

【コスパ:C】

【丈夫さ:C】

詳細はコチラ→https://www.actionsports.co.jp/product.php?genre_id=7&sub=18

 

Ⅱ.飛行機用キャリーバッグ

Comfort

SCICONなどで知られる形。evocも同じようなものを出してますね。

外面はハードシェルなので衝撃にも強いですし、フレーム・ホイールの収納個所は独立しています。

最初からがっちりとしたキャスターがついていて、安心して持ち運べるのも高評価。

プロチームのレプリカモデルなどもあり、機能性・見た目・質感ともにGOODなのですが、お値段の相場は5万円以上。

ちょっと…たかいかなぁ…。

ちなみにトライアスリート向けにDHバーをつけたまま運べるタイプもあります。

【安定性:A】

【利便性:B】

【コスパ:D】(長い目で見ればA)

【丈夫さ:A】

 

Ⅲ.飛行機用輪行袋

ss91ReYbRV9CL._SL1500_

オーストリッチのOS-500が代表格。

普通の輪行袋のようなスタイルですが、預け荷物の扱いに備えて中綿を仕込んであります。

OS-500の場合は海外旅行に備えてか各国の言葉で「自転車」と書いてあり、なんだか夢が膨らみますね。

お値段は2万円前後。普通の輪行袋とまではいかないものの、使わないときは三つ折りサイズまで小さくなります。

【安定性:C】

【利便性:B】

【コスパ:B】

【丈夫さ:B】

 

Ⅳ.普通の輪行袋

s-DSC_0891

奥義!普通の輪行袋です。しまなみ海道はこれで行きましたw

(というか、準備するのがギリギリになりすぎた)

しかし中身は!

s-DSC_0893

ガチガチに梱包してます!

今回は前輪のみ外すタイプにしましたが、前後輪を外すタイプでもしっかり梱包すれば何とかなるでしょうw(※どちらの場合でもRDまわりはケア必須)

というのも、国内線(大手航空会社)の場合は天地無用シールで置く向きも頼めますし、ベルトコンベアに乗せずに係の方が運んでくださる可能性もあります。

その辺りのコミュニケーションがしっかりできていれば、それなりに有用な手段かと思います。

【安定性:D】

【利便性:A】(到着後の梱包材の行き場は考えておきましょう。”プチプチ”が有能です)

【コスパ:S】

【丈夫さ:D】

 

Ⅴ.完成車箱

sDSC_1091

 自転車屋テク!!!

…かと思いきや、日本に来た外国の方なんかはよく使っている手だったりします。

前輪を外してハンドルを曲げて入れますが、バイクポーターよろしく箱型(というかただのダンボール箱)なので座りはいいです。

ただもちろん、自転車屋さんに不要なダンボール箱が無い場合には使えない手段。

【安定性:A】

【利便性:D】

【コスパ:S】(無料/手間がかかる)

【丈夫さ:D】(使い捨て前提です)

 

などなど。。。

 

 

 

③「やる価値はあるの?」

や~~~正直言うと日本を出たい方と離島に行く方以外は新幹線のほうが良い。。。かも。。。じゃあなんで書いたんだ

時期によっては飛行機が新幹線よりも安い場合もあるので、そんな時にはぜひ活用してみて下さい。沖縄や北海道に走りに行く方もぜひ!

 

では~。

 

スタッフ有田