【ツアー・ダウンアンダー 2017】第3ステージ! ヴィヴィアーニ、新チーム初勝利!!
by: 新宿ビギナー館

【ツアー・ダウンアンダー 2017】

 

第3ステージ

 

港町のグレネルグをスタートし、ぺニーズの丘の一級山岳を通過して、ビクターハーバー周辺の町を1周してゴールする120.5㎞の平坦基調のステージです。

 


 

 

【リザルト】

  Rider name (Team) Result
1  エリア・ヴィヴィアーニ(クイック・ステップフロアーズ)  3:04:40
2  フィル・バウハウス(チームサンウェブ)  
3 カレブ・ユアン(ミッチェルトン・スコット)   
4  シモーネ・コンソンニ(UAEチームエミレーツ)  
5  ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)  
6  サイモン・クラーク(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック p/b キャノンデール)  
7 アレクサンダー・エドモンドソン(ミッチェルトン・スコット)   
8 ザッカリ・デンプスター(UniSAオーストラリア)   
9 ドリス・デヴェナンス(クイックステップ・フロアーズ)   
10 ジェイ・マッカーシー(ボーラハンスグローエ)   

 

 


 

【ハイライト】

①ドラミニ、3日間連続山岳賞獲得!!

 スコット・ボウデン(UniSAオーストラリア)とともに逃げに乗り、3日連続で山岳ポイント1位通過しました。残す山岳は1級山岳が3つです。ドラミニが36pts、2位のボウデンが18ptsなので、もしドラミニが3つの1級山岳のうちどれか1つでも1位通過すれば山岳賞確定になります!彼のキャリアにとって大きな一歩になるでしょう!ぜひ山岳賞争いにもご注目ください!

 

②ヴィヴィアーニ、鋭いスプリントで新チーム初勝利!!

ヴィヴィアーニはとても素直な男です。気に入らないことがあったらめちゃめちゃ態度に出すし、言葉ではっきりと言います。一流のアスリートとはそういうものなのかもしれません。

 

彼はここ数日の敗戦でこのように語っていた。

 

「僕はキッテルじゃないんだ。このチームで走れることは幸運だが確実に何かを変えなければいけないね。サバティーニ(ヴィヴィアーニの発射台)はもっと僕のために変える必要があるよ。リードアウトに微調整が必要だね。」

 

アシストの名前を出してまで変革を求めるヴィヴィアーニの負けん気の強さ。これぐらい自己主張できるぐらいでないとチームのエースはやっていけないのでしょう。

その結果、まだ100%リードアウトが機能したとは言えないですが、ステージ優勝を手にし、チームメイトに自分の実力を見せることができました。

 

IMG_2258

※チームHPより

 

長い停滞期から飛躍した去年、クラシックチームに移籍した今年、とヴィヴィアーニのキャリアにも大きな変革が起こっているのが今なのです。

もしかすると彼のキャリアのピークはこれから訪れるのかもしれない!

 


 

 

第4ステージもレポートします。お楽しみに!