【ツアー・ダウンアンダー 2017】第5ステージ! 圧倒的な登反力でポートがウィランガ・ヒル5連覇!
by: 新宿ビギナー館

【ツアー・ダウンアンダー 2017】

 

第5ステージ

 

マクラーレンの谷でスタートして、ウィランガ・ヒルを2回登り、2回目の山頂がでゴールとなる151.5㎞のステージ。総合争いの本番、今大会のクイーンステージです。

 


 

 

【リザルト】

第5ステージ

  Rider name (Team) Result
1 リッチー・ポート(BMCレーシングチーム)  3:42:22
2 ダリル・インピー(ミッチェルトン・スコット)  0:08 
3 トムイルト・スラフテル(ディメンションデータ) 0:10 
4 ドリス・デヴェナンス(クイックステップ・フロアーズ)   
5 イーガン・ベルナル(クイックステップ・フロアーズ)  
6  ゴルカ・イサギーレ(バーレーン・メリダ)  
7 ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)   
8 ロベルト・ヘーシンク(ロットNLユンボ)  0:14
9 ヨン・イサギーレ(バーレーン・メリダ)   
10 ルーベン・ゲレイロ(トレック・セガフレード)   

 

総合順位

  Rider name (Team) Resutl
1  ダリル・インピー(ミッチェルトン・スコット)  18:02:15
2 リッチー・ポート(BMCレーシングチーム)   
3 トムイルト・スラフテル(ディメンションデータ)   0:16
4 ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)  0:20
5  ドリス・デヴェナンス(クイックステップ・フロアーズ)  
6 イーガン・ベルナル(チームスカイ)   
7 ゴルカ・イサギーレ(バーレーン・メリダ)   
8 ロベルト・ヘーシンク(ロットNLユンボ)   0:24
9 ジョージ・ベネット(ロットNLユンボ)   
10 ヨン・イサギーレ(バーレーン・メリダ)   

 


 

 

【ハイライト】

 ①別府選手逃げに乗る!!

クラシックに続き、このステージでも逃げに乗りました。

スプリントポイントをローテーション無視して、1位通過したことにより周りの選手にちょっと睨まれましたが、別府レベルのベテラン選手に文句を言える選手はいないでしょう(笑) 

契約延長もかかっているので今年はめちゃめちゃ気合入ってそう!

 

②初日から逃げ続けたドラミニが山岳賞確定!

今回は2回ウィランガ・ヒルを上るため、2つの山岳ポイントが設定されていました。そのうち、1つ目をデヘント先輩と一緒に通過しました。相変わらずのポイントとったらすぐ逃げをやめる(笑) クレバーなのかあきらめが速いのか、、、ただ、プロ初戦でワールドツアーレースの山岳賞はとても立派です。あとは完走するだけ!

 

③キャノンデールが横風分断作戦決行!

一つ目のウィランガ・ヒルを上った後、残り10㎞ほどでチームEFがウィリアム・クラークを含めた数人を前方に揃え、高速横風分断を狙いました。まさか、EFが横風を利用するとは。分断は決まらなかったけど、面白いレースをありがとう!

 

④リッチー・ポートがウィランガ・ヒル5連覇!しかし、惜しくもリーダージャージに届かず。

不調とか色々言われてたけど、なんだかんだポートは別格じゃん!と思った一日でした。本当に誰もついていけないですね。

 

IMG_2268

※チームHPより

 

ただ、コンマ差でリーダージャージには届かず。ダリル・インピーによって、4年連続のオーストラリア人による優勝はここで途絶えそうです。

 

IMG_2269

※チームHPより

 

こういう全くノーマークの選手が勝つのは見てる人からするととてもおいしい(笑)

 

⑤新人賞にはベルナルが王手!

20歳のベルナルにはまだ早いかなー、なんてことは全くなかった。ポートもそうだが、この選手もまた別格。イェーツ兄弟やユンゲルスがいなくなった今、グランツールでも新人賞を狙えるのではないかと期待してます。

 

IMG_2270

※チームHPより

 

ライバルとしては、やはり同じコロンビアの先輩ミゲルアンヘル・ロペス(アスタナ)かな。ロペスもまだ23なので今年含めてあと2年間は一番のライバルになるでしょう。あとは、一緒にスカイ入りしたTT系オールラウンダーのパヴェル・シバコフ(20)との未来のエース争いが気になるところ。ただ、時代の流れ的にはシバコフが一歩リードか?

 

IMG_2271

※チームHPより

 


 

 

第6ステージもレポートします!お楽しみに!