【よくあるご質問】何が違うの?ヘルメットの価格の差に迫る!!
by: 石川勝一

 


 

 

DSCF5729

 


 

 

ワイズロード新宿ビギナー館ウェアコーナーより、今回は商品のご紹介ではなく、

 

お客様から良くいただくご質問にお答えしたいと思います。

 

当店でも自転車用のヘルメットは一万円を切る価格帯のモデルから、三万円近いモデルまで様々なラインナップを取り揃えております。

 

そこで良くヘルメットのその価格差を聞かれることが多いのですが、

 

特にピンポイントで違いを聞かれるモデルがありますので今回はそこにスポットを当ててみたいと思います。

 


 

 

DSCF5729

 

今回比較するモデルは、どちらもKOOFUの人気モデル、

 

向かって左がBC-BIA、右がBC-GLOSBE Ⅱ。

 

どちらのモデルも、従来のレーシーなイメージを払拭する、帽子感覚で使えるカジュアルなデザインで新しい街乗りスタイルを確立しています。

 

一見すると、若干のデザインの違いはあるものの、同じように見えてしまいますね。

 


 

 

DSCF5731

 

BC-VIA

定価¥7,200+税

ワイズロード特別価格¥6,840+税

 


 

 

DSCF5730

 

BC-GLOSBE Ⅱ

定価¥13,500+税

ワイズロード特別価格¥12,825+税

 


 

 

しかし、この2つのモデルの価格差は約二倍なんです。

 

どうしてなのでしょうか???

 

 

 

 


 

 

DSCF5736

 

 

まず大きな違いは、フィッティングの要とも言える【アジャスター】の違いです。

 

上の画像は、BC-VIAに備わっているスナップアジャスターというもの。

 

一般的な帽子にも使われているタイプですね。

 


 

 

DSCF5733

 

対してコチラがBC-GLOSBE Ⅱに採用されているTRIFIT-2アジャスターというもの。

 

ダイヤル式で、片手でより細やかなフィッティングが可能になります!

 

DSCF5734

 

更には、内部の画像ですが赤い丸で囲った部分、上下に3段階調節が可能と至れり尽くせり!

 

どちらのモデルがよりフィット感を追求しているのかは明らかですね。

 


 

 DSCF5735

 

続いてはコチラです!

 

上の画像はBC-GLOSBE Ⅱのものです、赤い丸で囲った部分を良くご覧ください。

 

このA.I.ネットと呼ばれるものが虫などの侵入を防いでくれるので、

 

よりライディングに集中することが出来、より快適なライディングが楽しめることでしょう。

 


 

 

DSCF5739

DSCF5732

 

そして最後ですが、この角度から見比べると良く分かりますが、

 

BC-GLOSBE Ⅱのほうが、サイドとリアにベンチレーションホールが追加された形になっており、

 

その結果、より高い通気性をもたらしてくれることでしょう。

 

今の暑い時期なら尚更アドバンテージがありますよね。

 

トータルの重量もBC-GLOSBE Ⅱの方が軽量となっております。

 

 

 

長くなりましたが、以上で今回の比較は終了です。

 

皆様のヘルメット選びのご参考にしていただけたら幸いです。

 


 

 

 

 

 

shinjuku-beginnerkan

 

ワイズロード新宿ビギナー館 は はじめてのスポーツサイクルをお求めのお客様に向けた全国ワイズロード35店の中でも入門者に優しい専門店!

新宿駅目の前の好立地ですので、平日のお仕事帰りにもお立ち寄り下さいませ!

 

Y’s Road 新宿ビギナー館

住所:東京都新宿区西新宿1-5-1小田急ハルクM2
Tel:03-5909-8717
営業時間:月~土/10:00~20:30 日祝/10:00~20:00
*営業時間変更の場合がございます。 小田急ハルクのホームページにてご確認下さい。

 

ワイズロード新宿ビギナー館 最新情報はコチラからチェック↓

http://ysroad.co.jp/shinjuku-beginnerkan/