【PICK UP】欲しかったトルクレンチがこんなにリーズナブルに手に入る!!
by: 石川勝一

 


 

 

DSCF5930

 


 

 

ワイズロード新宿ビギナー館より、オススメ商品のご紹介です☆

 

今回ご紹介するのはスポーツバイクをご自身でメンテナンスされる時に、

 

あると非常に便利なツールです。

 

例えば、サドルの高さやハンドルの角度などを少し変えたい~などといった時、

 

お手持ちの工具で一旦ボルトを緩めて好みの高さ・角度に合わせることかと思います。

 

そして、今度はボルトを締めますよね、それではさて、どれくらいの力で締め付ければ良いのでしょうか?

 

その力を数値化したものがいわゆる、トルクです。

 

皆様もハンドルの突き出し部分(ステム)や、サドルが付いているパイプ(シートポスト)を固定するシートクランプと呼ばれるものに、「5-7Nm」といった表記を見たことがありませんか?

 

この数値こそトルクです。

 

それでは、この数値の力でボルトを締め付ければ大丈夫ということになりますね。

 

しかし、残念ながらどんなに経験を積んだメカニックでも、人間の五感だけでトルクを感じることは困難です。

 

そこで登場するのが、そのトルクを測定する工具、トルクレンチです。

 

トルクレンチによって、規定のトルク値まで締め付けることが出来て、

 

締め付け不足による緩みや、締め付け過ぎによる破損を防ぐことが出来るのです。

 

昨今、カーボンフレームの自転車や、ハンドル・ステム等カーボンパーツも多く流通していますので、しっかりとしたトルク管理のためにトルクレンチの購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、そこで問題点が!

 

トルクレンチってお高いんですよね・・・。

 

商品にもよりますが、相場は大体数万円から。

 

私も職業柄、自転車用数種と趣味で自動車用のトルクレンチを所有していますが、

 

結構高かった記憶があります(汗)

 

個人で使うとなると、正直使用頻度が高いものではないので、購入に躊躇しますよね。

 

しかもトルクレンチは定期的な校正が必要で、精密測定機器なので取り扱いも注意が必要です。

 

そこで、登場するのがこのトルクレンチです!!

 

(前置きが長くなり過ぎました…)

 


 

 

DSCF5929

 

TOPEAK/コンボトルクレンチ&ビットセット

¥1,900+税

 

 

 

決して0がひとつ少ない訳ではありませんよ?

 

簡易的なものではありますが、トルク測定範囲は3~12Nmと、

 

自転車用としては申し分ありません。

 


 

 

DSCF5931

 

3・4・5・6mmの六角レンチとT25トルクスレンチが付属し、スポーツバイクの整備に必要な大部分のボルトのトルク管理をカバーしてくれます。

 

これからセルフメンテナンスを始める方にとって非常に魅力的なお値段ですよね!

 

ご自身で愛車のメンテナンスをするようになると、より一層愛着も湧いてきますよ。

 


 

 

 

 

 

shinjuku-beginnerkan

 

ワイズロード新宿ビギナー館 は はじめてのスポーツサイクルをお求めのお客様に向けた全国ワイズロード35店の中でも入門者に優しい専門店!

新宿駅目の前の好立地ですので、平日のお仕事帰りにもお立ち寄り下さいませ!

 

Y’s Road 新宿ビギナー館

住所:東京都新宿区西新宿1-5-1小田急ハルクM2
Tel:03-5909-8717
営業時間:月~土/10:00~20:30 日祝/10:00~20:00
*営業時間変更の場合がございます。 小田急ハルクのホームページにてご確認下さい。

 

ワイズロード新宿ビギナー館 最新情報はコチラからチェック↓

http://ysroad.co.jp/shinjuku-beginnerkan/