【新春初売りセール】世界トップクラスのアルミロードバイクが今なら更にお買い得!!
by: 石川勝一

 


 

 

DSCF6013

 


 

 

現在当店では、本日より1月7日(月)までの期間限定で自転車をお得にゲットできるセールを開催中です!

 

店頭にて既にお値引きされている車体に限り、

 

店頭表示価格から更に5%OFFさせていただきます!

 

※詳細はスタッフまでお尋ねください

 

 

 

「カーボンキラー」や「アルミフレームの神」など様々な異名を持つ、

 

CANNONDALEの最新最高のアルミフレームロードバイク、「CAAD12」。

 

当店では2018年モデルの105仕様の同モデルが更にお求め易くなっています!

 


 

 

DSCF6012

 

CANNONDALE/CAAD12 105

カラー:REP

サイズ:48

定価¥190,000+税

新春特価¥ASK

※納車時にはバーテープを巻いた状態でお渡しさせていただいております 

 

 

 

世界最高峰のアルミフレーム開発技術を持つ、キャノンデールが誇るアルミレーシングモデル。

 

私も10年以上前の「CAAD9」を所有しておりますが、

 

当時はカーボンフレームが成熟しアルミフレームは廉価モデル、エントリーグレードという構図を覆したのが、キャノンデールのCAADシリーズ。

 

それだけ高性能で完成度の高かった「CAAD9」は、その後「CAAD10」そして「CAAD12」へと進化を遂げています。

 

未だに各社アルミフレームの高性能ロードバイクをリリースしているのには、

 

「CAAD」の存在が大きいでしょう。

 


 

 

DSCF6015

 

上位グレード同様のフルカーボンフォークを採用し、劇的な軽量化と剛性を確保しています。

 

以前「CAAD12」に試乗した時に振動もあまり感じず、乗り心地の良さに感動した記憶があります。

 

未だにアルミフレームを進化させ続けるキャノンデールの技術力に脱帽です。

 

私個人の意見ですが、一般的なカーボンロードと遜色の無い快適な乗り心地、

 

そしてアルミならではのダイレクトな反応性の高さは、並のカーボンロードを凌駕していると思います。

 


 

 

DSCF6016

 

メインコンポーネントは安心のシマノ105。

 


 

 

DSCF6014

 

ブレーキも抜かりなくしっかり105仕様。

 

制動力、コントロール性のバランスの取れたグレードです。

 

TIAGRAも良いコンポーネントですが、将来的なアップグレードやブレーキ制動力の点だけでも105を選ぶメリットは非常に大きいです。

 


 

 

DSCF6017

 

更に走行性能を左右するホイールには、MAVIC「AKSIUM」をチョイス。

 

エントリーモデルではありますが、剛性も高くしっかりしていてオススメです。

 

 

 

更に軽いホイールなどに交換して超軽量バイクにカスタムすることも容易です。

 

ロードレースは勿論のこと、軽さを活かしたヒルクライム、ロングライドにも十分対応できるオールラウンドな一台です。

 

メインコンポーネントが105、MAVICホイールがアッセンブルされていますが、

 

このロードバイクの最大の良さはフレームです!

 

パーツは後から比較的簡単にグレードアップ出来ますが、フレームの交換となると金額的にも非常にコストがかかってきます。

 

残念ながら、コンポーネントをアップグレードして劇的に早く走れるようになったり、乗り心地が良くなったりするということはありません。

 

ポテンシャルの高いフレームがあってこそパーツの良さも活きてきます。

 

そのバランスが非常に絶妙で素晴らしいのがこの「CAAD12」です、初心者の方を含めあらゆるライダーにオススメ致します。

 


 

 

新しいビットマップ イメージ